« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

野菜の廃棄

 良い言葉ではありませんが...

 今年は野菜が豊作すぎて、あちこちでトラクターで踏みつぶしたりしています。

 もったいないようですが、まともに市場に出しても儲けにならないそうです。

 茨城のハクサイや千葉のダイコンなどに続いて、鹿児島のピーマンですか。

 施設(ハウス)ものですので、ハクサイやキャベツ、ダイコンに比べてそれ程収量が極端に変わるとは思いませんでしたが。仕事柄、気になります。 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061128-00000193-mailo-l46

| | コメント (0)

女性専用車

 ついに総武線各駅停車(黄色の電車)にも11/20から登場しました。

 乗り入れの東京メトロ東西線、東葉高速鉄道もです。いずれも朝ラッシュのみで、東京方面の先頭車両1両です(全部で10両中)。

 いつの間に登場したのか?という感じですが、今のところ大きなトラブルはないようです。

 迷惑行為や痴漢の問題は、被害者・加害者という点では厄介ですし(本当に被害者なのか、加害者なのかという問題も含めて)、ニーズがあっての措置でしょう。

 これで良いかどうかは問題が残りますが。今後どうなるでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A%E4%B8%A1  wikipedia 女性専用車両

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

休日の午後

 うちの近くの予備校で、センター試験の模擬試験があるらしく、人通りが多くなっています。

 もうそんな季節になってしまったのか、という思いで見ています。センター試験、というか共通一次?いつの話でしたでしょうか?しかし、その時のことは今でも結構鮮明に思い出すことができます。

 人間の記憶で、1日前のことと、10数年前のことの違いは、どう認識するんでしょうか。私は意外に違いがないのでは、と思えます。同じ過ぎ去ったもの、と認識するからかも知れませんが、このサイトをご覧になっている方はどうでしょうか?

 風邪を引いてしまいました。ピークは過ぎましたが、まだいまいちです。

 今日から冷えそうなので、注意しないと...

 

| | コメント (0)

2006年11月17日 (金)

ねこーねこー

 だんだん寒くなってきました。

 今日は外仕事だったので、寒さを感じます。

まだまだ冬には早いですが。

 岩合光昭さんのネコのカレンダーでも買うか。

 あ、このタイトルですが、7年前に発売されたゲーム「Kanon」の水瀬名雪の台詞です。

 現在、BS-iでアニメとなって放映中です。「涼宮ハルヒの憂鬱」で知られる京都アニメーション制作で、作画や構成など、流石に出来がよいです。

岩合光昭さん関係

http://www.nekobiyori.net/archives/category/13.php

http://www.honya-town.co.jp/hst/HTCatalog?ipr=HE00000067

TV Kanon

http://www.bs-i.co.jp/anime/kanon/

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

外房線の新車(?)

 久々に鉄道ネタでも書くか。

 私の利用している外房線にも、ついに211系が入線してきました。

 いままで113系ばかりであったのも、動労千葉の影響という噂です。

(なんでも、新車は管理が面倒だから嫌だ、ということで、千葉以東の路線は東海道線等中古の113系ばかりを導入しつづけたらしい)

 編成数が6→5両、セミクロス→ロングシートになってしまったため、サービスダウンといえばサービスダウンです。もっともラッシュ時でも総武線快速などに比べれば混まないので、それ程大きな問題はなさそうですが。ちょっと風情がなくなったかなあ。

 関連HP

 211系電車 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84211%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

 JR東日本千葉支社 http://www.jrchiba.jp/

 動労千葉 http://www.doro-chiba.org/index.htm 今でもストライキを実施する、数少ない(というかJRでは唯一?)実力行使団体です。何だか妙に熱いHPです。

| | コメント (2)

2006年11月 4日 (土)

リベルテ

 マンドリンの演奏会を聴きに行ってきました。

 http://www.liberte.lib.net/

 第一生命ホール(客席数767)はアンサンブルにはちょっと広かったかな、という感じです。音が拡散していた感じでした。しかし、演奏自体のまとまりは良かったと思いました。指揮者なしで20名程度の音を合わせるのは結構大変ですから。

 「四季」は改めて聴いてみると中々難しいですね。勢いのある部分は音で押せますけど、そうでなく弱音でしっかりと聴かせる部分は、音が中途半端に抜けやすかったりしますので...細かいところで音が転んでいたり(春)、などはありましたが、丁寧にまとめていました。強弱の差はもっと出ても良かったかも知れません。 

 オーケストラの方は、概ねきっちりとまとめていたかな、という印象でした。流石に、生録でCDにするとアナウンスされていただけのことはあり、奏者に気合いが入っていた様子が窺えました(アンサンブルの方もですが)。

 カルメン幻想曲はやはり難しかったかな...ソロの箇所は音が良く聴き取れなかった(早引きの箇所など)ところはありましたが、頑張っているなというのはよくわかりました。

 三角帽子はパーカッションが入ったこともあり(パーカッションはよく合っていました)締まっていました。最後のアンコール(カルメン幻想曲)も良い感じでした。

 リベルテは、良いものはよいと言える音楽を伝えられるよう、「自由な」曲目を選択し、演奏しているとのことですが、これからどのような活動をしていくのか、気になります。

 久方ぶりに演奏会の感想など書いてしまった...昔はしょっちゅう書いていたなあ。

| | コメント (2)

2006年11月 3日 (金)

クローン猫ビジネス廃業など

 ココログ内のアクセス表示が11/1から変わり、曜日別の統計や訪問周期(1人の訪問者が何日に一回の割合で訪れているかがわかる)などが表示されるようになりました。

 アクセス数はやはり更新の多い土曜日が多くなっていますね。ちょっと見ていて面白いです。

 さて、しばらく前ですが、アメリカでクローン猫のビジネスを行っていた会社が廃業しました。結局実績は2匹だけだったようです。

 クローン同士で記憶が継承されるわけでは当然ありませんし、あくまでも違った生命体ですので、クローン技術がまだまだ不安定な中でビジネスにはならないだろう、とは思っていましたが。

 自分はネコ好きだけど、クローンに興味はないし、人間のエゴ丸出しで(如何にも生命を弄んでいるみたいで)何だか嫌だなあ。

 学校内のいじめですか。何を今更、と思いますが。一人死ぬと、後追いが出てくるのはどうにもならないでしょう。それを煽るマスコミにも多分に問題があります(どうせ、良いネタ、つまり金づるとしか思っていないんだろうさ。人の不幸は蜜の味、とも言うし)。人の命も平気で弄ぶようでは、どうにもならないなあ。

 http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030123302.html

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/13/news088.html

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »