« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

昨日と今日:晴海にて

 さて、選挙も終わって開票作業が始まったようです。どうなるかが気になります。

 昨日と今日は、第一生命ホールに行ってきました。

 昨日の演奏会は、IPPO フィルハーモニー(アマチュアオーケストラ)http://www.geocities.jp/ippophill/の演奏会、今日はビアンカフィオーリhttp://biancafiori.web.infoseek.co.jp/(アマチュアマンドリンオーケストラ)の演奏会でした。

 客層(年齢、性別等)に大きな違いは感じられなかったのですが、「何か違う」という感じはしました。普通のオケとマンドリンオケとの違い、創立年月日の差(一方は創立して3年、もうひとつは創立して10年以上経っている)等々があるので、無理はないところです。

 何だか不思議な感じでした。昨日の自分と今日の自分、同じ場所に立っているけど、どこか「違う世界」からこの世界を見ているような気がしました。ふと「自分はどこにいるんだろう」というような気分になったものです。

 昨日のIPPOですが、荒削りの感じはありましたが勢いのある演奏でした。何でも10年間でベートーベンの完全全曲制覇を宣言したそうですから...今後が気になります。

 今日のビアンカですが、概ね丁寧な演奏だったと思います。イタリアオリジナル曲を演奏し慣れている、という感じがしました。(迫力等がなかったわけではありません。念のため)奏者の若返りを図っているということですが、どの団体でも同じ問題を(多かれ少なかれ)抱えているだけに、どう進めていくのかが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

梅雨明け

 今年は遅くなりそうです。

 今のところ梅雨が明けたのは九州南部のみ。九州南部は台風4号の影響もあって、大変だったと思われます。大変といえば、新潟県も地震の影響が気になるところです。柏崎刈羽原発の対応(消火活動)はいささかお粗末でしたが。

 そろそろ梅雨明けが待ち遠しいところです。良い夏を過ごしたいなあ。

 参院選挙まであと1週間ほど。今日もうちの近くの駅前に、党首クラスがたくさん集まっていました。さて、どうなることでしょうか。

 しかし、こんなマスコットキャラがあったとは。「選挙たん」http://www.geocities.jp/sen7743/

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

猫カフェへ

 行ってみました。何分うちはアパートですので、ねこが飼えません。かくて慢性的な「ねこ不足」状態となっておりました。念のためですが、ネコミミカフェではありません(コスプレのお姉さんがネコミミをつけて、あれこれ世話してくれるわけではありません)。

 最近は東京でも、猫カフェが出来ている、とのことなので、行ってみることにしました。

 行ったところは、RIEN(中野駅近く)。ここは、ノルウェージャンフォレストキャットのみの店です。

 入り口では、アルコールの入ったスプレーで手を消毒してから、店内に入ります。そこには、ねこ専用の階段やキャットウォーク、ねこ専用トイレ、ねこ専用水飲み場があり、数匹のねこ達がお出迎えです。セルフサービス制のドリンク付きですが、ねこと構っている時間の方が長いかも。ねこも性格は色々で、やたらと食意地の張っているのもいれば、すぐにじゃれて反応するのもいれば、すぐに怒ったりするねこもいて、同じノルウェージャンフォレストキャットでも様々だな、と思った次第です。

 ねこまみれになるのは、良い感じでありました。バンニャーイ!

 ノルウェージャンフォレストキャットについてはこちら http://norwegian.beginners-cafe.com/

 RIENについてはこちら http://www.rien222.com/

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月 8日 (日)

エルマノ演奏会(東京公演)

 昨日は、晴海トリトンへ上記の演奏会に行ってきました。

 まず驚いたのは、集客率の高さ。800人程度収容のホールに、8割くらいは埋まっていたと思います。数年前のフィロドリーノの時は閑散としていただけに、事前の活動がうまくいっていたのでしょう。

 私も、とある楽器店からチケットをいただき、今回聴きに行った口です。チケット代払っていなかったことに気づき、それならばということで、エルマノの過去の演奏会のCDを2枚買いました(8000円。チケット代より高かったりして)。

 いかにも業界人(?)という方々も結構いましたが、(久保田さんや、フィロマン関係者もいました。吉水さんつながりでしょうか)、あとは演奏者の知り合いなどでしょうか。どの当たりが主な客層なのか、よく分からなかったです。

 演奏の方は、2年前に京都で聴いたときとそれ程印象は変わらなかったです。丁寧な演奏をしていたと思いますし、一定の統率が取れたなかで、自分たち(個々の奏者として)の演奏をした、といったところでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »