« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

昨日の演奏会(ロマンツァ)

 久方ぶりに演奏会のレビューを書きます。

 ロマンツァ 第8回定期演奏会  2007年11月24日 午後2時開演  かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

  http://www.f4.dion.ne.jp/~kjt.kym/

 今を去ること7年前、2000年の千葉マンドリンフェルティバルで初めて出会った団体です。毎年レベルアップしている感じのあるこの団体ですが、今回の演奏会はどうだったでしょうか。

 第1部は、マンドリンオリジナル曲のステージ。進藤さんの指揮によるもので、丁寧な演奏をしていたと思います。「夢の魅惑」の最初など、いくらか外したかな、と感じさせるところはありましたが、概ね良い感じに曲は流れていました。「スペイン」の第4楽章などは、低音系がもっと出ても良かったかも知れません。

 第2部は、長谷川さんの指揮となります。長谷川さん自身の曲と、丸本さんの曲、キャプリオル組曲(イギリスの作曲家ウォーロック、ちなみにディーリアスと同世代)ですが、それぞれ独特のリズム感のある曲の特徴をよくつかんでいたと思います。ノリがもっとあっても良かったかも知れません。キャプリオル組曲は初めて聴きましたが、古さの中に新しい音型がちりばめられていて、何となく新古典主義の雰囲気がありました。 

 第3部は、久保田さんの舞踊風第1番。久保田さん本人が演奏会場に来ていました。自身の曲が演奏されるとはいえ、あまり面識がないと思われるこの団体の演奏会に顔を出したのはどうしてか?と思いましたが、後で久保田さんの高校時代の同級生、もしくは先輩に当たる方がいるらしいと聞いて、納得してしまいました。演奏の方は、随分気合いの入ったもので(作曲者本人がいるからでしょうか)、リズムの合わせなど、(団員が50名位いる中で)一番良く揃っており、舞曲のリズムが感じられるものになっていました。それにしても曲の前半は何だか時代劇を思わせますね。

 「比羅夫ユーカラ」。これはメゾソプラノのヴォカリーズに尽きるのではないでしょうか。音域が高音域であったせいか、音程が?と思わせるところはありましたが、曲の雰囲気を実に良く掴んでいました。これが無かったら、「何だ、この程度か」と思っていたかも知れません。「うた」の重要性を感じた次第です。演奏自体もリズムが若干乱れる箇所はありましたが、良い意味でこなれた感じで、いやみはありませんでした。

 アンコール「千の風になって」、マネンテ「瞑想」。肩の力が抜けた感じです。アンコールらしくて良いです。

 エルシエナといい、このロマンツァといい、千葉も新しいマンドリン団体が元気があるようです。今後に注目でしょう。団体をどのように安定して運営していくか、別の課題も出てきそうですが。えっ、ミューズですか?さて、どうしていきましょう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

ポジティフオルガン講座in川崎

 昨日、ミューザ川崎でポジティフオルガン講座があったので、行ってきました。

 http://www.kawasaki-sym-hall.jp/INFORM/inform005/index.shtml

 これは全5回のシリーズで、今回は4回目。演奏のよろこび~トッカーレ(触れる)~というタイトルでした。

 ポジティフオルガンの演奏及び、珍しいバロックオーボエ(吹くのが大変難しいそうです)とのアンサンブルもありました。

 音楽用語のトッカータとは、トッカーレ(触れる、の意)に通じる言葉ですが、そもそもは器楽の即興的な楽曲につけられる名前だそうです。また、必ずしも華やかな曲を指すものではないそうです。

 今回ポジティフオルガンで聴いたバロック以前の曲では、キリストの正餐(せいさん)式...キリスト教でもっとも大事な儀式、聖体授与なども含む...の曲(ミサ曲)で、厳かな感じの曲でしたが、トッカータの名が冠されていました。トッカータ・エレヴァツィオーネといいます。

 面白いと思ったのは、歴史的な運指法です。今日のピアノ等では合理的な運指となっていますが、良い音に良い指を当てる、という運指法があるそうです(イギリスでは、良い音はハ長調・ト音記号の下のド、ミ、ソなど。1,3,5が通常良い指、2,4は悪い指。なお国や地域によっても変わるそうです)、何だかえらく弾きにくそうな感じで、音も均一ではなくなってしまうのですが、今からすればユニークです。

 そういえば思い出しましたが、以前のポジティフオルガン講座は、調性による性格という話がありました。例えば、ハ長調が「粗暴で厚かましいが、喜びを表す」、ト長調が「それ自体が人の気を引き、語り、輝く」、嬰ヘ長調が「未知の調性」、等々です。当てはまっているかどうかはともかく、こうした感覚は何となく面白いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

ねこを怖がらないねずみ

 遺伝子操作で、こういうことも出来てしまうんですね。

 生物の生存上に欠かせない仕組みを勝手に操作できてしまう...人間に応用したら、倫理的にも問題が出そうですし、結構怖いことになりそうです。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000034-jijp-soci.view-000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

今年、3度銚子電鉄へ

 昨日、久方ぶりに銚子電鉄の様子を伺いに行ってきました。6月以来ですので、約5ヶ月ぶりとなります。

 未だに(私を含めた)銚子電鉄目当ての客はいるようで、私の乗った列車は立ち席客も出るくらいで、まずまずの入りでした。今回は確認できませんでしたが、きっと旅行会社企画の、銚子電鉄乗車のバスツアーなどもあるのでしょう。 

 銚子電鉄ですが、どうやら一時の危機的な状況は脱したようです。

 気になったのは、銚子電鉄の安全報告書の中に車両の更新という項目があることです。平成20年度に2両、平成21、22年度に1両ずつ更新の計画とありますが、どこから車両を譲り受けるんでしょうか。車両の規格の問題もあるので、限られてくるとは思われますが。

 (車両の新製は価格からしても考えにくい...1両1億円以上はするはずなので。中古であればその数分の1で済みます。車両のサイズとしては東京メトロ銀座線、名古屋市営地下鉄クラスあたり?どちらも車両の更新が一段落しているけれど...)

 銚子電鉄HP: http://www.choshi-dentetsu.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »