« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日)

演奏会ふたつ目終了!

 ということで、昨日、ベラ・クォーレの演奏会は、おかげさまをもちまして無事終了いたしました。聴きに来てくださいました皆様、ありがとうございました。雨の中大変だったのではないかとお察しします。それにしても、何でベラ・クォーレの演奏会は雨が多いのだろう?これまで数回行った中で、晴れの日は1日もなかったような...季節の変わり目ゆえ仕方ないといえばそれまでですが。

 演奏ですが、1部は相応にまとめた、といったところでしょう。「交響的前奏曲」は意図したことが伝わっていたでしょうか、気になります。コテコテのイタリアオペラの雰囲気を目指し、ネチッこさを意識したもので、良い意味での「暑苦しさ」が伝われば成功なのですが。続く「夏の庭」との対比もあります。

 「ホルベルク組曲」は、安全運転だったでしょうか。「前奏曲」はもっとノリの良さが出ても良かったかもしれません。もっとも、ちょっとリズムが狂うとガタガタになる恐れもあるため、難しいところではあったのですが。

 2部は、本番がうまくいったケースではないか、と思われます。「楽園への道」は、ディーリアス独特の語り口、が出せたかが気になります。主役となるパートがしばし入れ替わり、それぞれに主題を変えながら、「村のロミオとジュリエット」の悲劇を坦々と描いていく作品であるだけに、変に熱っぽくてもだめですが、かといって状況を理解していないと「何が言いたいのか」がわからなくなってしまいます。そこはかとない甘く、切なく悲しい雰囲気...本番の演奏が一番うまくいっていたのではないかと思われます。

 「モーツァルト 交響曲第34番」は、モーツァルトの悪戯っ子の面を表に出して、なおかつ深みもある音楽、しばし入れ替わる場面展開...楽な曲ではありませんでした。本番も「このスピードでついていけるのか、演奏が崩壊しはしないか」と心配しながら弾いていました。正直のところ勢いで押し切った感じです。「終わりよければすべてよし」といったところです。

 今回は(毎回そうですけど)「ノリの良さ」を大切にして弾きました。弾く際に手を振り上げたり、体を動かしたり、ややオーバーアクション気味にジェスチャーをつける感じです。そうしたら、演奏会後に、「一番目立っていた」「楽しそうに弾いている様子が伝わってきた」など結構好意的な反響があり、ちょっとびっくりしました。アマチュアの場合は「演奏会で楽しまなければ損じゃないか」ということと、聞いてくださる方々と一緒に音楽を作っていく、という意識が必要なのではないか、と思った次第です。使い古された言葉ですが、野球の「26人目の選手(千葉ロッテマリーンズ)」同様、演奏を聞いてくださる方々も「一人の奏者」なのでしょう。

 やはり2週連続の演奏会は疲れました。風邪を引いたのもありますが、体がろくに動かない状況です。しばらく休みたいな....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

演奏会ひとつ目終了です

 昨日、エルシエナ・ミューズジョイントコンサート(習志野文化ホールにて)は、おかげさまで無事終了いたしました。

 本番前は練習時間がなく、どうなることかと気をもみました。「邪馬台」も、通し練習では途中でテンポがパート間でばらばらとなり、揃わなくなってしまったため、心配しました。

 結局「邪馬台」も含めて、本番が一番うまくいったのではないか、と思います。心理的なものもあるでしょうが。

 以前にも書きましたが、アマチュアでは、リハーサルでうまくいかない場合は本番でうまくいく、反対にリハーサルでうまくいった場合は本番はもう一つ、という現象が起こりやすいようです。リハーサルでうまくいかなかった時は、「これはまずいな」という心理が働き、むしろうまく集中できるのかもしれません。

 1500人近く入るホールで集客は約340人程度だったそうです(5月19日訂正:最初は600人程度としていましたが、手直ししました)。もう少し入ってくれると良かったかな、とも思いますが、こればかりは如何ともしがたいところです。

 ホールの特性としては、高音域は響いてくれるけど中低音域の響きが多少弱い、どちらかといえば音がこもる感じで、中で響いていて外に抜けていくような音ではない、といった印象でした。ギターなどはその点で大変だったかもしれません。少人数よりも多人数で響かせた方がお客さんの印象に残るでしょう。

 さて、来週はベラ・クォーレ、このあたりで次の演奏会モードへの切り替えが必要です。楽器もDolaからM.Cello、曲も全然違うから完全に切り替えないと....

 

ベラ・クォーレコンサートNo.26 

5月24日(土)/開場PM5:30 開演PM6:00 

こまばエミナース(京王井の頭線 駒場東大前駅下車 徒歩5分)

全席自由/1000円

プログラム

ボッタキアーリ 交響的前奏曲、

グリーグ ホルベルク組曲、

モーツァルト 交響曲第34番 ほか

指揮・國土 潤一

それでは、来週土曜日はこまばエミナースでお会いしましょう。

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

今日から売り子です

 とあるスーパーで、売り子を始めました。というか、物産展の手伝いですが。

 レジなど扱うのは初めてのことです。いつもと違う頭と体の使い方をしたためか、大した仕事をしなかったのに妙に疲れました。

 しかし、平日のスーパーも、いわゆる大型店では結構人が入っていますね。雨降りの日だったのに、結構お客さんが来ていて驚きました。

 ちなみに、ここで明日、明後日までやってます。 http://www.e-itoyokado.jp/191/    

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

改めて、演奏会ご案内です

 本日で、5月に予定している2つの演奏会の練習が終了しました。

 あとは、いずれも本番を待つのみです。

 ということで、まずは5月17日(土)の分を紹介します。

ジョイントコンサート
エルシエナ・マンドリンアンサンブル&ミューズマンドリンアンサンブル

2008年5月17日(土) 13:00開場 13:30開演 習志野文化ホールhttp://www1.seaple.ne.jp/narabunh/index.html
曲目:
 小林由直/星の庭-マンドリンオーケストラの為の-
 鈴木静一/大幻想曲「幻の国」~邪馬台 ほか
習志野文化ホールは、津田沼駅から近いですので、東京方面からも比較的行きやすいと思われます。ご都合のつく方は、(入場無料ですので)聴きにいらしてください。

 5月24日分(ベラ・クォーレ、こまばエミナース)は、また後ほど紹介します。

 上とは全く関係ないですが、職場の近くでもある佐原駅の夜景です。5月9日午後7時頃に撮ったものですが、静かなものです。地方都市のたたずまい、といったところでしょう。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

オウシュウトウヒ

 ドイツトウヒともいいます。いわゆるクリスマスツリーに使われる木ですけど(日本では主にモミが使われる)、スカンジナビア半島などの北方針葉樹林帯によくある木です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%92

 なぜこんなことを調べていたのかといいますと、今日練習のあったシベリウスの曲で、「トレモロのように細かく動くパッセージは、風が針葉樹林の中を通り抜けていく音である」との話が出てきたためです。

 いずれにしても、細い葉をしていて、高さが20m以上はある立派な木々の中を風が吹き抜けていく、といったイメージなのでしょう。緊張感と透明感のある、色でいえば深い青色、といったところでしょうか。そういえば、確か東山魁夷の絵にもなっていたような気がする...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

パンダがなんだ

  このことに関してだけは、石原都知事と同意見です。

 来日する胡錦涛さん曰く、パンダのレンタルに「前向き」だそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »