« 演奏会後記 | トップページ | 9月28日 ジョン・ギロック オルガンリサイタル  »

2008年9月28日 (日)

フェルメール展

 ようやく演奏会の疲れが抜け始めました。というより風邪を引いていたのかもしれません。まだまだ療養が必要そうな、情けない状況です。

 さて、前から行こうと思っていた「フェルメール展」に行ってきました。http://www.tbs.co.jp/vermeer/

http://www.tobikan.jp/museum/vermeer.html

 3日前の木曜日の朝だったのに、ちょっと列ができていたのには驚きでした。結構平日でも行く人がいるのですね。47日目で30万人入場、1日平均6000人以上の来館は多いと思います。

 初期作品と、後期作品とでは、絵のタッチおよび絵の洗浄などの違いゆえに、素人目には「同じ画家の作品か?」と感じてしまいました。いずれにしても、遠近感を巧みに使った構図と、光の加減、ちょっとぼんやりしているようではっきりしている輪郭などの表現は流石です。

 気になった作品はこちらです。http://www.tobikan.jp/museum/2008_vermeer/p3.htm

 衣類のひだの表現や、陰影の付け方など見事ですが、構図の広がりに欠ける等の理由から、贋作と疑いのかけられた作品でもあります。これに限らず真作贋作の鑑定は難しそうです。

 今回は有名な「牛乳を注ぐ女」「真珠の耳飾の少女」」はありませんでしたが、7点の作品は、なかなかに見応えがありました。

  12月まで開催していますので、まだゆっくり見に行くことができると思います。もし見に行かれるようでしたら、(言うまでもありませんが)平日の午前、早い時間に見に行くことをおすすめします。

|

« 演奏会後記 | トップページ | 9月28日 ジョン・ギロック オルガンリサイタル  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/24088272

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール展:

» 谷口ナツコ…痛々しき色彩曼陀羅 [壺中水明庵]
「ヴァニラ画廊 vanilla-gallery」にて谷口ナツコ (Natsuko [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 17時12分

« 演奏会後記 | トップページ | 9月28日 ジョン・ギロック オルガンリサイタル  »