« 五能線 | トップページ | ラヴェル:ピアノのための作品集 ジョルジュ・プルーデルマッハー »

2008年10月19日 (日)

2008/10/12 弘南鉄道

 前の五能線の続きとなります。

 五能線の終着駅からタクシーを拾い、弘南鉄道の黒石駅へ。

 弘南鉄道も久方ぶりです。大学時代に沿線を取材して、本社まで行ったりしたこともありました。どう変わっているでしょうか。

 Photo         Photo_10

黒石駅は、大きく変わっていませんでした。既に黒石線(川部~黒石間。旧国鉄黒石線を継承したもの)はありませんが....

黒石駅から弘南線で、弘前へ。多少開発が進んだ感じはありましたが、リンゴ畑と水田が広がる風景は相変わらずでした。車両は旧東急の7000系。多様な旧型車は姿を消してしまいましたが、あまり違和感は感じませんでした。

Photo_2

70007000系。バスで見かける整理券発行機があります。ワンマン運転に備えたものでしょう。

あと、扉が半自動(ボタンを押してドアを開閉するタイプ)に改造されていました。

                       

 大きく変わっていたのは、弘前駅です。ホームも新しくなっていました。しかし、駅名表示板の部分が、隣の駅名ではなくて、終着駅「黒石」となっていたのは、違和感を覚えました(写真ではわかりにくいですが)。

Photo_4

Photo_3

Photo_9 

 

 

 駅だけではなく、街中もこざっぱりした感じになっていました。結構金がかかったのではないでしょうか。その割に人気がないので、「本当にこれで良かったのか」という気になります。

Photo_11Photo_5           

 

 

 大鰐線・中央弘前駅は、昔のままでした。そこだけが時間が止まっているような錯覚に襲われました。20年近く前の旧東急7000系導入の頃、中央弘前駅と弘前駅(1km少し)を地下線で結ぶという構想もあったらしいですが、もうなくなったようです。

Photo_6 Photo_7                   

 

  

 弘南鉄道の後は、JR奥羽線で鷹巣に出た後、秋田内陸縦貫鉄道で角館へ、そこから秋田新幹線経由で東京へと戻ったのでした。

 そういえば、弘南鉄道は公式HPがないようです。今時珍しいことです。地元利用中心の鉄道だから、外へ向けてのアピールが必要ないのかもしれませんが...

(追記) じゃわじゃわさんの指摘どおり、公式HPがあることが判明しました。以下のURLとなります。 http://konantetsudo.jp/     

|

« 五能線 | トップページ | ラヴェル:ピアノのための作品集 ジョルジュ・プルーデルマッハー »

コメント

弘南鉄道のウェブサイト、ありますよ。
http://konantetsudo.jp/
できたばかりなのかな?たしかに検索エンジンにはひっかからないですね。
ぼくは黒石線があった時代に乗ったことがありますが、気動車のドアを手でえいっと開けたこと以外はとくに記憶に残ってないのが残念です。^^;

投稿: じゃわじゃわ | 2008年10月20日 (月) 00時12分

 これは、どうも失礼を致しました(弘南鉄道関係者の方々にもです)。あおもり交通ナビに登録する必要がありそうですね。 http://www.aomori-kotsu-navi.jp/web/links/traffic.asp 確かに、HPができてから間もないようです。

  どちらかといえば観光要素が少ない、地元密着型路線ですので、五能線のような強烈な印象は残りにくいと思います(逆に、それが売りとも言えますが)。

投稿: 管理人さいふぁ | 2008年10月20日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/24608397

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/10/12 弘南鉄道:

« 五能線 | トップページ | ラヴェル:ピアノのための作品集 ジョルジュ・プルーデルマッハー »