« アルヴィット・ガスト オルガンリサイタル | トップページ | 大原幽学記念館 »

2009年2月22日 (日)

とある演奏会にて

 本日は、久々ぶりに紀尾井ホールでの演奏会です。ネコの日とは関係ありません(なんのこっちゃ)。http://www3.famille.ne.jp/~philoman/index.html#consert

 実のところ、演奏の曲目自体にはあまり興味がなかったのですが、「カルメン」(闘牛士、ジプシーの踊り)のようなパターンの曲には、マンドリンのあのメソッドは合っているのかもしれない、とも思った次第です。

 「演奏会は、人を囲い込むもの」....改めてそんな感じもしました。数年のブランクはあってもステージ上にも顔見知りのメンバーがいる上に、客席にも結構知り合いがいたからです。何だか身内の演奏会に顔を出したような錯覚になりました。このところ、知り合いのいない演奏会に顔を出すことが多いだけに、何とも言えない気分です。客席の8割方は埋まっていましたし、この手の演奏会はこれで良いのかもしれませんが、「本当にこれで良いのか」「単にファンクラブ的な集まりになっているだけではないのか」気になったのも事実です。チケットぴあでの販売もありませんし(ちなみに、紀尾井ホールまでチケットを買いに行きました)。

 演奏自体は、「予想通り」といったところでした。音は実に良く揃っていましたが、何か大切なもの(曲に対する感情、歌心など)が足りない、といったところでしょうか。もっともアンコール(フォーレ:ペレアスとメリザンド、ドビュッシー:ゴリウォーグのケークウォーク、ビゼー:カルメン。ちょっと多かったかな?)は興に乗った感じで音が出ていて、「これはありかな」と思いました。

 

|

« アルヴィット・ガスト オルガンリサイタル | トップページ | 大原幽学記念館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/28304751

この記事へのトラックバック一覧です: とある演奏会にて:

« アルヴィット・ガスト オルガンリサイタル | トップページ | 大原幽学記念館 »