« 阿修羅展 | トップページ | 鉄道ムードのカレー店 ナイアガラ  »

2009年5月17日 (日)

ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 新国立美術館

 阿修羅展の後は、引き続きこちらに行きました。  

 ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち(新国立美術館)

  http://www.nact.jp/

  http://www.asahi.com/louvre09/

 新国立美術館は初めてです。090513shinkokuというか、あまり六本木方面には行かないので(サントリーホール除く)、不案内であったというのはありますが。ガラスを多用し、吹き抜けの大きい、開放感のある建物なのは良いです。コレクションを持たないので、強いていえば教育施設・貸しホール的な感じでしょうか。

                                            

 さて展覧会ですが、内容のせいか、女性の入場者が多かったです。ここでは、新型インフルエンザ対策として、消毒液が会場の入り口の前に置いてあり、そこで液を手に拭きかけてから会場に入るようになっていました。 

 一番目を引いたのは、この作品でしょう。   http://www.asahi.com/louvre09/exhibition/images/p41.jpg

 女の子に見えますが、違います。この作品は、少年をある年齢に達するまで少女の服装で育てる、という当時のイギリスの上流階級の風習に従っているのだそうです。

 それにしても、愛くるしい仕草など、この表情の表現は見事です。

 

|

« 阿修羅展 | トップページ | 鉄道ムードのカレー店 ナイアガラ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/29651092

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 新国立美術館:

« 阿修羅展 | トップページ | 鉄道ムードのカレー店 ナイアガラ  »