« ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 新国立美術館 | トップページ | 富山市:路面電車編 »

2009年5月24日 (日)

鉄道ムードのカレー店 ナイアガラ 

 新型インフルエンザも少しずつ広がっているようです。首都圏にも実際は相当数の患者がいると考えられますが、どうでしょうか。マスクはともかく(売り切れになってるところが多いようですが、それ程必要でしょうか?)、まずは手洗い、うがいでしょう。取りあえず不要な外出は控える必要もありそうです。

 さて、今回は先週(13日)のおまけ?です。阿修羅展とルーヴル美術館展の後のことでした。

 ところは東京都目黒区祐天寺、東急東横線の祐天寺駅の近くにその店はあります。http://www.niagara-curry.com/

 既にTVなどで紹介されたこともありますので、知っている方はご存じでしょう。

 090513niagara

何といっても特徴は、店内・店外の鉄道グッズの多さです。踏切の警報機が店の外で目立っていますし、店の中も鉄道グッズだらけ、座席も国鉄湘南型80系のクロスシートを利用、さらにカレーやドリンクを模型機関車で運ぶなど、徹底しています。鉄道好きの人にはこたえられないでしょう。

 メインメニューのカレー自体は、昭和時代の味ともいいますが、「普通のカレー」といった風で、ごくごく無難な感じです。今度は激辛といわれる「超特急カレー」に挑戦してみようかな、と考えています。

(後日談) その後、「超特急カレー」に挑戦してみました。確かにかなり辛かったのです※が、うま味のある辛さ、という感じで、後味は良いものでした。まさしく、今にしてみれば古き良き時代「新幹線0系」の味なのかも知れません。 

※あるいは、この辛さでも物足りない、という人もいるかも知れません。単純に辛さを追求するだけの人には、お勧めできないかも。 

|

« ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 新国立美術館 | トップページ | 富山市:路面電車編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/29775623

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道ムードのカレー店 ナイアガラ :

« ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち 新国立美術館 | トップページ | 富山市:路面電車編 »