« 2009.8.15 岩手にて | トップページ | ヴィラ=ロボス没後50年記念 《ブラジル風バッハ》全曲演奏会 »

2009年8月23日 (日)

2009.8.15 岩手にて2 龍泉洞・JR岩泉線

 この前の続きから始まります。

090816sanriku1 茂市駅に到着する、さんりくトレイン北山崎号

展望席あり、リクライニングシートでも快速扱いのお得な列車。自由席車もあり、気軽に乗れます                                                                

090816sanriku2

龍泉洞入り口。ここだけは人が集まっていました。ほとんどはマイカー客。例の1000円高速の影響か、東京方面のナンバーが結構ありました

                                                                     

090816sanriku3

龍泉洞内は15℃以下。半袖では寒いくらいです

                                                                 

                                                                               

090816sanriku4

090816sanriku5

090816sanriku6 090816sanriku7

                                                

                                              

鍾乳洞の内部をきれいに撮るのは難しいです。右上の写真は、水深98mの第3地底湖です。これを撮ったとき、水の底に引き込まれそうな錯覚を覚え、危うくカメラを落としそうになりました。中が光っているのは、LEDの照明が中にあるためです

090816sanriku8 090816sanriku9

岩泉町の街中。龍泉洞から歩いて30分程のところです。

一昔前の雰囲気を色濃く感じさせる、渋い町並みです

                                                                                                   

090816sanriku10 090816sanriku11 090816sanriku16

090816sanriku12

 

                                                                                                        

 

 JR岩泉駅とその内部。左下は岩泉駅に入線するキハ110系。

 ローカル駅に似合わず、無駄とも思える広々とした駅構内が印象的です。

 団体客が来るとも思えない駅に(龍泉洞目当ての客を当て込んだんでしょうか)、不似合いな黒の長椅子がたくさん置かれていました。

 それにしても一日3往復、貨物列車もなく、マトモな鉄道路線とは思えません。本当に浮世離れしています。

 先程、茂市駅の写真を紹介しましたが、そこから岩泉線で直に岩泉へ行くよりも、宮古~小本経由の方が列車(バス)の本数が格段に多いのです。

 しかし、駅構内はきれいに整備されており、「この鉄道を残したい」という執念(?)がそこはかとなく感じられたのも事実です。考えてみれば、岩手の鉄道は(岩手に限らないとはいえ)政治的な臭いが強く感じられます。三陸鉄道しかり(第3セクターのはしり)、山田線しかり(当時から人口希薄地域に路線を造るのは...という意見が出ていた)、大船渡線しかり(摺沢付近の迂回した路線)、この岩泉線しかりです。こんな路線が、昭和40年代になって岩泉まで延びたこと自体、奇跡的です。

090816sanriku13_6090816sanriku15_3

 

左は浅内駅。かつてはここが終着駅でした。広い構内、日通の建物の跡などが、栄えていた時代があったことを思い起こさせます。右は押角(おしかど)近くの風景。ひたすらカーブと急勾配の続く、山また山の路線です。クマが出てきてもおかしくはありません。

ある意味、貴重な路線なのかも知れません。採算性で行けば、完全にアウトの路線でしょう。本数を増やしても、沿線人口の少なさからして、赤字は避けられません(龍泉洞観光をあてこむのも無理です。マイカーには勝てません)。しかし、あまりにも豊かな自然、日本の原風景等々、この路線でしか見られないものがあるのも確かです。いつまで、この路線は残るのでしょうか。 

|

« 2009.8.15 岩手にて | トップページ | ヴィラ=ロボス没後50年記念 《ブラジル風バッハ》全曲演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/31071559

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.8.15 岩手にて2 龍泉洞・JR岩泉線:

« 2009.8.15 岩手にて | トップページ | ヴィラ=ロボス没後50年記念 《ブラジル風バッハ》全曲演奏会 »