« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

ヴィラ=ロボス没後50年記念 《ブラジル風バッハ》全曲演奏会

 千葉近辺では、台風の影響か、風雨が強くなってきました。選挙も気になりますが、明日の天気も気になります。

 それはさておき、表題に移ります。とはいえ、8日前のことになりますが。

 この演奏会を知ったのは、知り合いの作曲家、近藤浩平さんからの薦めによるものでした。http://www.operacity.jp/concert/2009/090822/ 

 知ったのは演奏会前日の夜(!)、すぐに予定を確認してみたら、偶然にも予定が空いていたので、「この際、ブラジル風バッハを全曲聴いてみるのも悪くはないだろう」と思い、急いでチケットを入手、新宿・初台の東京オペラシティへと駆けつけたのでした。

 演奏会はほぼ満席、中々の盛況でした。ヴィラ・ロボスくらいの知名度であれば、人は集まってくるということでしょう。私が座ったのは、2階席のバルコニーでステージの上手側直近、演奏者や指揮者の様子が良く見えるうえに、奏者の音が残響と共にダイレクトに聞こえてきて、楽しかったです。 

 演奏は、どれも良い意味でのパッションが感じられて良かったと思います。特に、最後の第5番は、最後を締めくくる素晴らしい出来でした。午後2時から午後7時まで、休憩時間(合計1時間)を含めて延々5時間の演奏会でしたが、飽きることはなく、充実していました。

 それにしても、このブラジル風バッハは、楽器構成が多彩ですね....ピアノソロあり、チェロの8重奏(!)あり(ヴィラ・ロボスは、チェロが好きだったそうです)、無伴奏合唱あり、フルオケあり、聴いていて面白いです。ヴィラ・ロボスは豪放磊落な性格だったと言いますが、確かに変に湿っぽいところがなく、南米の良い意味での明るさとメランコリックさを感じさせる、後味の良い曲揃いです。

 休憩時間にロビーで演奏されたギターソロは、周りが騒々しかったこともあり、ギターの音がかき消されてしまったのは惜しかったです。(私も昔同じことをやったことがありますが)ロビーなどでの演奏は、周囲の音が思った以上に大きいため、難しいです。

 そういえば、没後50周年ということで、今年で著作権が切れるということになります。おそらく、今後ヴィラ・ロボスのCDなどが沢山世に出てくるのではないか、と考えられます。近藤さんは、「そんなに著作権料を払いたくないんでしょうか」と話していましたが(作曲家の立場とすれば無理もないところです)。

  なお、当日の演奏会の様子は、NHK-FM「サンデークラシックワイド」、10月25日(日)14:00~18:00で放送されるそうですので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

追伸(9/4):朝日新聞の夕刊に、長木誠司さんによるこの演奏会のレビューが掲載されていました。結構賞賛していたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

2009.8.15 岩手にて2 龍泉洞・JR岩泉線

 この前の続きから始まります。

090816sanriku1 茂市駅に到着する、さんりくトレイン北山崎号

展望席あり、リクライニングシートでも快速扱いのお得な列車。自由席車もあり、気軽に乗れます                                                                

090816sanriku2

龍泉洞入り口。ここだけは人が集まっていました。ほとんどはマイカー客。例の1000円高速の影響か、東京方面のナンバーが結構ありました

                                                                     

090816sanriku3

龍泉洞内は15℃以下。半袖では寒いくらいです

                                                                 

                                                                               

090816sanriku4

090816sanriku5

090816sanriku6 090816sanriku7

                                                

                                              

鍾乳洞の内部をきれいに撮るのは難しいです。右上の写真は、水深98mの第3地底湖です。これを撮ったとき、水の底に引き込まれそうな錯覚を覚え、危うくカメラを落としそうになりました。中が光っているのは、LEDの照明が中にあるためです

090816sanriku8 090816sanriku9

岩泉町の街中。龍泉洞から歩いて30分程のところです。

一昔前の雰囲気を色濃く感じさせる、渋い町並みです

                                                                                                   

090816sanriku10 090816sanriku11 090816sanriku16

090816sanriku12

 

                                                                                                        

 

 JR岩泉駅とその内部。左下は岩泉駅に入線するキハ110系。

 ローカル駅に似合わず、無駄とも思える広々とした駅構内が印象的です。

 団体客が来るとも思えない駅に(龍泉洞目当ての客を当て込んだんでしょうか)、不似合いな黒の長椅子がたくさん置かれていました。

 それにしても一日3往復、貨物列車もなく、マトモな鉄道路線とは思えません。本当に浮世離れしています。

 先程、茂市駅の写真を紹介しましたが、そこから岩泉線で直に岩泉へ行くよりも、宮古~小本経由の方が列車(バス)の本数が格段に多いのです。

 しかし、駅構内はきれいに整備されており、「この鉄道を残したい」という執念(?)がそこはかとなく感じられたのも事実です。考えてみれば、岩手の鉄道は(岩手に限らないとはいえ)政治的な臭いが強く感じられます。三陸鉄道しかり(第3セクターのはしり)、山田線しかり(当時から人口希薄地域に路線を造るのは...という意見が出ていた)、大船渡線しかり(摺沢付近の迂回した路線)、この岩泉線しかりです。こんな路線が、昭和40年代になって岩泉まで延びたこと自体、奇跡的です。

090816sanriku13_6090816sanriku15_3

 

左は浅内駅。かつてはここが終着駅でした。広い構内、日通の建物の跡などが、栄えていた時代があったことを思い起こさせます。右は押角(おしかど)近くの風景。ひたすらカーブと急勾配の続く、山また山の路線です。クマが出てきてもおかしくはありません。

ある意味、貴重な路線なのかも知れません。採算性で行けば、完全にアウトの路線でしょう。本数を増やしても、沿線人口の少なさからして、赤字は避けられません(龍泉洞観光をあてこむのも無理です。マイカーには勝てません)。しかし、あまりにも豊かな自然、日本の原風景等々、この路線でしか見られないものがあるのも確かです。いつまで、この路線は残るのでしょうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

2009.8.15 岩手にて

昨日、ふらっと三陸に行ってきました。

0908151 JR八戸線車窓(鮫~陸奥白浜)から、蕪島(かぶしま)。ウミネコの島として知られていますが、この時期には既にいませんでした。

                                                                    

0908152

JR八戸線からは海が時折見えますが、砂浜が多く、穏やかな感じです。次に出てくる三陸鉄道のそれとは雰囲気が異なります。これは有家(うげ)~陸中中野間。

                                                                       

 0908153

0908154

三陸鉄道の車窓から(野田玉川~堀内)。有名な撮影地点だそうです。この日、列車はここで一時停止(実は橋の上だったりします)して、風景を眺めたり、写真を撮ったりしやすいように配慮していました。

                                                                

0908155盛岡~宮古間を結ぶ急行バス「106急行」。この日は客が多く、バス1台では足りず続行便1台を出していました(後ろに見えるのが続行便。大した盛況ぶりです)。私は遅く着いたため、続行便に乗りました。助かった...

                                                                                                                  

0908156

茂市にて。国道106号線上で、JR山田線の茂市駅から徒歩7分程。ここから茂市駅へ歩きます。

                                                                                                                       

0908159

茂市駅付近にて。時を止めたような、静かな場所。結構この雰囲気は好きだったりします。

           

                                                                                                                                                         

0908157

0908158

                                                                         

                                                                                             

JR茂市駅。古き良き時代を感じさせる駅で、昔にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。井上陽水の「少年時代」が似合いそう(と、どこかのHPに書いてあったような....)。それにしても人気の感じられない、喧噪とは無縁の静かな空間でした。駅員さんは1名いましたが。

 この後、竜泉洞、JR岩泉線と続きますが、それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

ネットオークション

 ついにこの車輌がオークションですか。http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-47382/1.htm

 確かにこれで良い値がつけば、銚子電鉄にとっては願ったり叶ったりでしょう。

 流石に、これには手が出せないなあ。置く場所ないし...

 確か、次の車輌を伊予鉄道から譲り受ける予定になっているけど、いつ入線するでしょう?車輌支援オーナー募集もやっているから、こちらに応募しようかな?一口10万円だそうです。1年乗り放題の優待券などももらえるし、これなら私の財力でも何とか....ん?http://www.choshi-dentetsu.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

核兵器廃絶 悲しい理想

 アメリカのオバマ大統領は、プラハでの演説で「核兵器のない世界」を掲げたそうですが、実際はどうでしょう?

 私は逆に、テロリストなどに核兵器が渡って拡散し、第2の被爆国が出てきそうな気がしてなりません。

 私の生きている間は、残念ながら核兵器廃絶など無理でしょう。国家間の利害対立、争いなどがある限りは。

 所詮は自分の身に被害が及ばないことは、他人事なのです。アメリカ人の大半は広島・長崎の原爆投下を正しい(戦争を早く終わらせるには当然と、教育されているからでもありますが)と考えているようですし。皮肉にも、アメリカのネバダなどの核実験による被害があればこそ、多少なりとも我がことのように感じられるのかも知れません。アメリカ、ロシアは言うに及ばず、イギリスやフランス、中国にもまだまだ隠れた核実験の被害者はいそうな気がしますが....書いていて悲しくなってきました。

 今日は、長崎原爆投下から64年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CDアルバムの不具合

 今時こんなこともあるとは....

 http://key.visualarts.gr.jp/info/2009/07/post_28.html

 ということで、早速連絡したところ、一通の手紙が届いてきました。

 聴いてみると「同じ曲が入っている」ことには気づいていたので、「あれ」とは思ったのですが。

 無論良いことではありませんが、誠意ある対応だと思います。

 090809_2

 

 ということで、ブックレットを同封の封書で送った、というわけです。

 ところで、不具合のDisc1は手元に残るわけですが、プレミアついたりするでしょうか?(なわけないか...)

 さて、このアルバム「yukar」ですが、中々出来はよいと思います。(原作のゲームにある)北の大地の広がりを感じさせる雰囲気は良く出ていました。BGMとして聴くには持って来いでしょう。霜月はるかさんの歌も良く、「丁寧に作っているな」という印象です。所により「やや単調か」と感じる箇所はありますが。

 もっとも、原作のゲーム自体は18禁なので、そちらはおすすめできるかどうかは...ですが。純粋に音楽だけ楽しむのが良いかも知れません。関心のある方はこちらから(もっとも、これでこの手のゲームにハマってしまっても、私は責任を持ちません。念のため)http://ram.product.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

裁判員裁判

 何となく、「シナリオ通り」という感じです。

 マスコミが「騒ぎすぎ」なのは毎度のことですから、仕方がないのかも知れません。良くも悪くも日本のマスコミはこの程度でしょう。

 果たして制度として定着するでしょうか。そしてもっと複雑な案件が出てきたときはどうでしょうか、気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

ローマの訃報

 フジヤマのトビウオですか。

 といっても、あまりピンと来ないです。世代の違いでしょうか。

 当然だけど、ニュースは哀悼の記事ばかり。

 名誉会長をしていた日本水泳連盟も、問題のある組織のようですが。

 どうも悪しきワンマンのイメージが強く、あまり好きにはなれません。

 内心ほっとしている人も多いのではないか、と思われます。

 「死んで惜しいと思う人間はいくらもいないが、死んだら祝砲をブッ放したいと思う人間はマサゴの数ほど目にはいる」と言った人がいますが、所詮はそんなところなのかもしれません。

 こんなこと書いているようでは、疲れているな....早々に寝ます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

2009.7.31 千葉マリンスタジアム

 090731victoryfire 090731victoryfire2

   

      

「Victory Fire」 5回裏終了後打ち上げられる300発の花火。

この日(マリーンズ-イーグルス戦)は試合運びが早く、試合開始の1時間20分後(午後7時50分頃)に打ち上げられた                 

                                                                                                                                             

090731watanabes0 090731watanabes1

090731watanabes2_2

090731watanabes3    

                                                        

                                    

マリーンズ渡辺俊介投手。サブマリンの投球フォームが独特

この日は調子が良かった様子。試合は3-1でマリーンズの勝ち

スポーツ新聞などに載る写真を撮るのは難しいな....今のカメラ(Panasonic DMC-GH1)のテストも兼ねていたりします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »