« CDアルバムの不具合 | トップページ | ネットオークション »

2009年8月 9日 (日)

核兵器廃絶 悲しい理想

 アメリカのオバマ大統領は、プラハでの演説で「核兵器のない世界」を掲げたそうですが、実際はどうでしょう?

 私は逆に、テロリストなどに核兵器が渡って拡散し、第2の被爆国が出てきそうな気がしてなりません。

 私の生きている間は、残念ながら核兵器廃絶など無理でしょう。国家間の利害対立、争いなどがある限りは。

 所詮は自分の身に被害が及ばないことは、他人事なのです。アメリカ人の大半は広島・長崎の原爆投下を正しい(戦争を早く終わらせるには当然と、教育されているからでもありますが)と考えているようですし。皮肉にも、アメリカのネバダなどの核実験による被害があればこそ、多少なりとも我がことのように感じられるのかも知れません。アメリカ、ロシアは言うに及ばず、イギリスやフランス、中国にもまだまだ隠れた核実験の被害者はいそうな気がしますが....書いていて悲しくなってきました。

 今日は、長崎原爆投下から64年。

|

« CDアルバムの不具合 | トップページ | ネットオークション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/30893722

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器廃絶 悲しい理想:

« CDアルバムの不具合 | トップページ | ネットオークション »