« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月26日 (土)

2009.9.23 日本大学カザルスホール

 私にこれを書く資格があるのか、わからない

 一応関係者ではあるが、既に演奏する気力もなくし、聴くことすらもままならなくなった身で※

 ただ、考えたことをを何らかの形で残した方が良いのではないか、とも思った それが本当に良いかどうかはわからないが

※多忙で聴きに行けなくなったこともあるが、演奏を聴いていても気分が悪くなり、途中で退席、帰ってしまったこともあった あの音が嫌いになってしまい、まして奏でる気にもなれなくなったのかもしれない

 

 演奏会自体は、「成功であった」というべきであろう

 客の入りが、いつもと違った (500人程度とはいえ)完全に満席になったというのは、ソリストの福田さんのネームバリューもあるだろうが、それでも良いことであった

 一番の聴き所は、北爪さんの新曲であっただろう

 独特の和音が良い感じでホールの中に響いていたし、ソリストの福田さんも(テクニックを多分に要する箇所が多かったにもかかわらず)見事に応えていた 北爪さん書き下ろしのアンコールも良かった

 福田さんの奏でた微弱音が、透徹して響いたのは、このカザルスならでは、であった

 このホールが来年3月にはなくなるというのは、確かに惜しい話ではある(個人的には、他にもなくなって惜しい、と思ったホールがあるが、これ以上は触れない)

 シベリウス、マーラーも悪くなかった シベリウスは大変だな...第5番もそうだったが、この第7番も曲の構成を熟知していないと、弾くだけでも大変であっただろう パートごとの掛け合いなど、苦労している様子が窺えた しかしながら本当のところ、マンドリンにあった曲なのか、私にはわからない 

 マーラー第10番は、過去に弾いたことがあった 10年前もこんな感じで響いていたのか...そんな感慨がよぎった 冒頭の部分はちょっと緊張感が抜けていたかも知れなかった(もっとも北爪さんの曲の後だから、無理もないかもしれない)が、中盤から後半にかけての盛り上がりは、良い感じだった 音が穏やかに、ホール全体に響き渡る感触を楽しめた 

 今回の曲目は、打楽器系で攻めるタイプの曲はなかったため(この団体は、その手の曲が少ない...カザルスの響きを活かした弱音重視ゆえ)、眠ってしまう人も見受けられた これも無理はない、と言うべきか

 辛いと思ったのは、これらの曲が他団体で再演される可能性が極めて低いこと

 特に北爪さんの曲は、福田さんを雇える(?)こと、オーケストラの部分をきちっと弾けること、指揮者が相当しっかりしていないと難しいこと これらをクリアするのはかなり厳しい よってこの曲は、このカザルスに行った人しかわからない 実在が知られることなく、そのまま埋もれてしまう可能性が高くなる CD化が求められるのは無理もない(CDになっても買う人がどれだけいるかはわからないが、ないよりはずっと良い もっともCDにするのも大変なことであるが)

 所詮、仲間うち同士ばかりで集まり、閉鎖的なところがある割に、大したことはやっていない、この業界の悲しさだろうか いろいろな意味で外からの視点が必要なのだろう

 せめてもの救いは、今回の演奏会に多くの人がやってきて、演奏を聴いてもらったこと、そして新たに感動した人が(私の周りにも)いたことだろう これまでに感じたことのない音の豊かな響き方、今までにない音の世界の広がり...それを感じてもらえた人が増えたことだけでも、ありがたいと思った

 私の「病気」も、いくらかは良くなったかも知れない この演奏会を聴き通すことは出来たから もっとも、それ以上は何とも言いようがないが

 最後に、この演奏会に関わった皆様、お疲れ様でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

2009.9.19 羽後町3 鈴木家住宅ほか

 さて、羽後町には色々な見どころがありますが、いくつか紹介します。 

09091914

 

御嶽神社。西馬音内(にしもない)盆踊りの発祥の地とも言われています。

                                                                                                 

09091916

 

西馬音内地区では、この日は祭りがありました。御嶽神社の例祭だそうです。ストップ ザ 自殺の幟(のぼり)があるのが、秋田らしい?です

   

                                                                            

09091915

 

西馬音内盆踊り会館にて。ここにも、スティックポスターの絵柄が沢山ありました。

                                                                       

09091917  

 黒澤家住宅。県指定有形文化財となっています。さすがに中々美しい佇まいです。先述の祭りの関係で屋台が出ていたので、全景を撮ることは出来ませんでしたが。

                                                                     

09091919

09091918

 

                                                               

                                                  

 鈴木家住宅。残念ながら中に入ることは出来ませんでしたが、流石に重要文化財の指定を受けるだけのことはあります。秋田県内最古の民家だそうです。隣の写真は、3km手前にある案内看板です。江草天仁(えくさたかひと)さんによる絵はよく目立つなあ...でも良い感じです。西馬音内地区から、10km程離れたところにあります。

 あ、30数年前に廃線になった、羽後交通雄勝線の保存車輌を撮るのを忘れてた....

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月23日 (水)

2009.9.19 羽後町2 Ohzan de imane村

 「書店ミケーネ」を後にして、その後は羽後町・西馬音内(にしもない)地区の散策をしました。

 そこで行ったのが、この建物です。

09091921

 どこか古(いにしえ)の上品な和風別荘、といった佇まいです。

 中に入ってみると、そこには....上質なまでの落ち着いた空間が広がっていました。

 椅子や机、食器や調度品など、「これでもか」という見事さ、贅沢さ、こだわりを感じさせます。早速、コーヒーとレアチーズケーキを注文しました。ちなみに値段は、コーヒー450円、レアチーズケーキ400円、計850円。味の良さとこの上質な空間を考えれば、リーズナブルというか、非常に安いと言うべきでしょう。

09091922

09091923

                                                                                  

 

                                                                                                   

 そうでした。ここは09091927ブリティッシュスタイルのメイドカフェです。メイドカフェといっても秋葉原などにあるのとは全然違い、まさしく「本格派」です。従って、注文などはメイドさんが受けるわけです。いろいろとこのカフェについて聞いてみましたが、よく教えてくださいました。感じの良い方で、さすがです。

 

 それにしても、2階にあるシャンデリアなど、目を奪われます。

 なぜかお客さんが少なかった(私の他に、2人しかいなかった)のですが、「今日は横手で、B-1グランプリ(B級グルメの祭典)があったりして、西馬音内にはあまり観光客は来ていないようです」とのことでした。

 最初に、古(いにしえ)の上品な和風別荘、と書きましたが、実際に明治時代に建てられた別荘だったそうです。

09091924_2

09091925

 

                                                                           

                                                                                                                                              

 庭にも注目です。桜の季節になると、さぞ美しいことでしょう。

09091928_209091926

 

                                                                                   

                                                          

 本当に素晴らしいカフェでした。

 また、ここに来ます。

09091929

 http://www.ohzan.com/

                                                                       

(追記) この近くには、経営者が一緒の日本料理「櫻山」があります。そこは完全予約制で、2日前になるとキャンセルできなくなる(最高の素材を産直で取り寄せるため)という、敷居の高そうなところですが、こちらも興味があります。機会があれば、行ってみたいところです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

2009.9.19 羽後町1 書店ミケーネ

 新庄駅に着いた後、レンタカーを借り、一路羽後町へと向かいました。

 しかし、国道13号線は道が良い...途中高速道路のような区間がありましたが、そこは何と無料!もう高速道路無料化を先駆けているのか、と思わせました。

 新庄から約1時間半、湯沢ICから、国道398号線を北西に向かって走ると、羽後町に入ります。そして羽後町の中心部へ向かう道をしばらく走ると、こんな建物が見えてきました。

09091910

 

                                                           

 一見、普通の書店に見えます。しかし、その中は....というと 

09091912

09091913 

 なんだ、これは....ゲーマーズの店舗に入ったような錯覚を覚えました。「らき☆すた」ののぼりはありますし、業界では著名な方のイラスト色紙が沢山並んでいました。書店の中も、いわゆる「萌え系」の本が多数置いてあり、「いかにも」と思わせるものでした。

 店員さんは、羽後町のスティックポスターを買った私に「ここは初めてですか?」と聞いた後、羽後町の地図とうごボン、さらには書店ミケーネの袋などをお土産として持たせてくれました(下参照)。きっと私のような来訪者が、数多くいたのでしょう...手慣れた様子でした。店内にカメラなどを向けても迷惑がる様子は全くなく、「ここを訪ねてくる人が増えて良かった」と嬉しそうに話していました。この親切さ、ありがたくお受けします....

090919101

090919102

090919103 090919104

                                                                            

                                                                 

※解説

 書店ミケーネhttp://www9.ocn.ne.jp/~miga/(イラスト・字:KEI)の紙袋ですが、中々に上品な感じがします。実際はA4大です

 うごボン。でじこに雰囲気が似ているのは、作者が一緒(こげどんぼ*)だからですが、違和感はありません。和装がよく似合います。はがき大の大きさです

 鈴木家住宅。イラスト:江草天仁(びんちょうタン)、文章:竜騎士07(ひぐらしのなく頃に)

 うごいすMAP。イラスト・デザイン:POP(もえたん)。パステル調の色彩が良い感じです。ここには示していませんが、裏は羽後町内の広域図Ver.となっています。

 どれも、異様なまでのこだわりを感じます.....

 

 おまけ:書店ミケーネにある、秋田県南一当たる(?)自動販売機。残念ながら私が買ったときは当たりませんでした。

09091911_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

2009.9.19 リゾートみのり

 一昨日から昨日まで、東北にふらっと行ってきました。

 まず初日(9月19日)は、「リゾートみのり」です。

 昨年10月にデビューした「リゾートみのり」、陸羽東線を代表する列車となっています。この時期はまだ観光本番ではないということで、仙台を発車したときはいくらか空席も見受けられましたが、まずまずの乗車率でした(途中、新幹線停車駅である古川駅からの乗車も多かったです)。

 0909191

 

                                                                                                                                        

 仙台駅にて、発車の準備。9:25、定刻発車です。なお種別は「臨時快速」です。これから、小牛田まで東北本線、小牛田から先、古川~岩出山~鳴子温泉~新庄までは陸羽東線を走ります。                                                                                           

0909192

09091932

0909193 

                                                                                     

                                                                             

 「リゾートみのり」車内。赤系で統一されているのは、明らかに鳴子峡の紅葉を意識しています。シートの表地にも、もみじの葉がデザインされていました。シートピッチ1,200mmはグリーン車以上、ヨーロッパの優等車に乗った気分です。シート自体はJR東日本の標準仕様です(やや堅めのシート、背もたれと座面の両方が動くタイプ)

 先頭部は大きなガラス張りになっており、眺めが良いです。乗車記念のスタンプ09091933も置いてありました。こけしが置いてあるのも、鳴子らしいです

 

                                                                               

 鳴子温泉駅では、出迎えがありました。この列車で鳴子温泉に行く人も多いようで、この日も乗客のおよそ半数が下車していきました。観光関係者としてみれば、是非とも「歓迎」と行きたいところです。ここでは30分近く停車しますが、これは駅にある「足湯」につかる時間をとるためです。これは有り難いサービスと言えるでしょう。というか、この列車はあまり足が速いとは言えません。種車がキハ48ですから、無理はないですが。

 鳴子峡は、紅葉するときっと見応えがあることでしょう。この時期ではまだ流石に早すぎですが、鳴子峡の近くでゆっくり列車を走らせるなど、きちっとサービスしていました。車内からの写真を載せておきます。そういえば、昔は下まで降りて列車の写真を撮ったことがあったなあ....列車の写真撮影の名所で、陸羽東線のハイライトです。

09091940909195

0909196

 

                                                                                                          

 県境を越えて、宮城県から山形県に入ると、高原のような風景から徐々に水田の見える田舎の光景を走り、新庄駅に定刻12:28に到着したのでした。

 3時間程の乗車でしたが、中々良い列車の旅になりました。普通列車とは思えない程内装も良く、指定席料金だけで乗れるのはありがたいことです。車内の案内も充実していました(今後観光シーズンになれば、車内でイベントも開かれるかも知れません)。そういえば、以前に掲載した「さんりくトレイン北山崎号」も、快速列車ながら中々豪華でした。東北はリゾートトレインが充実してきています。

※次回予告 

 新庄駅に着いた私が次に目指したのは、西馬音内(にしもない)盆踊りで知られる秋田県羽後町。最近、美少女イラストで町おこしをしたことで知られています。そこで見たものとは....乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

今週の新聞記事から

 http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20090911013/1.htm

 このステーキチェーン店の食中毒ですが、成型肉が問題になっています。通常の生肉と違い、ミンチにした肉を固めるので、その段階で菌が混じる可能性が高くなるのです。

 価格を下げようとした結果でしょうが、これでは生食は危険です。通常の生肉であれば、菌が混じることは少ないのでレアで食べても問題ないケースも多いのですが。気をつけなくてはいけないところです。

 http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20090909-01236/1.htm

 これは、新聞の1面、3面記事にもなりましたが、正直立つ瀬もありません....

 また公務員に対する風当たりが強くなりそうです。前々から不正経理で担当者が逮捕されたりしていたので、いずれは「こんな形で公表されるだろう」とは思っていましたが。しかし、将棋盤とかはわざわざ不正経理をしてまで買う代物だったんでしょうか(うちの部課では流石にないとは思いますが...)。当然ながら今後の動きなどが、気になります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

稲刈りの風景から

 千葉でも稲刈りが進んできました。新米の発売を見ると、季節の移り変わりを感じます。

 さて、政権交代で農業政策もかなり変わるようですが、どうなるでしょうか。戸別所得補償制度がどのようなものになるのか、気になるところです。これまでの面積に応じた転作助成金の導入とは違う形になるでしょうが、そうなるとこれまでの農政の「大転換」ということになります。

 所得補償の水準をどう決めるのか(おそらく、何らかの形で各地域ごとの市場価格及び生産費を決めると考えられます。これまでの麦・大豆等の補助金がそうでした)、財源はどうするか(これまでの転作助成金を持って行く形?)、等々、これまで転作に関わってきた者として気になる点はありますが、今後に注視したいところです。

 

200909063

200909062

 

                                                                             

                                                             

右は香取市内の谷津田、左は香取市府馬にある展望台から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »