« 2009.9.20 田代島1 | トップページ | 成田エクスプレス »

2009年10月 4日 (日)

2009.9.20 田代島2 ねこの楽園

※ここからは、ねこの嫌いな人は見ないでください。念のため申し添えます。

 というわけで、いよいよ田代島の真打ち、本命、神様である「ねこ」の登場です。

 ねこは、田代島にある2つの集落のうち、仁斗田地区にたくさんいます。なぜか、もう一つの集落(大泊地区)にはいませんでした。集落が小さいせいかもしれませんが。

 

09092021 09092022

09092023

09092025

09092026

09092031

09092028

                                                                                                                                                          

 とにかく、この集落は、ねこ、猫、ネコ...です。

 この日私が出会ったねこは、全部で20数匹でしたが、なぜか黒猫が多かったです。どれも良いねこだなあ。「おまえはどんなねこだ?毛皮がきれいだなあ、う~む、おまえは良いネコだ」「おまえは黒ねこだな、おまえも良いネコだ」「おまえはトラ猫だな、よ~し、おまえも良いネコだ」ねこはみんな良いのだ!

 ねこによっても反応は様々で、猫じゃらしに盛んに反応するねこもいれば、全然知らんぷりのねこもいました。中には、背中を触られても平気なねこもいました。結構慣れているのでしょう。

 しかし、シャッターチャンスは中々難しい....岩合光昭氏への道のりは遠いです。ちなみに、ねこに触っている手は私の左手です(右手でカメラを持って、シャッターを切ったものです)。

 私同様、ねこ目当ての観光客が多かったです。「ねこの島」として知られているからでしょう。ちなみに、この田代島は「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われています(島の形がひょうたんに似ている?ためです)。

 ねこを手なずけるためにキャットフードを持ってきた人がいますが、これは良くないです。下手に余ってしまうと、カラスのえさになってしまうからです(カラスは子猫をよく襲う、子猫の目を狙ってくるそうです。片眼のつぶれたねこがいましたが、カラスによるものと見られます)。ねこも、あまり観光客からのを目当てにするのは好ましくないでしょう。自然のままが一番です。

 もっとも、平均寿命は短いかも知れません。ほとんどが野良猫ですから(そういえば、あまり年をとったり、大きなねこを見ませんでした。寿命が短いようだったら、可哀想なことであります)。 

09092029

09092030

09092027

09092032 09092033

 

                                                                        

                                                                                                             

 09092035

                                                                          

 これで、田代島ともお別れです。

 ねこの楽園の田代島、バンニャーイ!!

 そして、田代島のねこに幸いあれ!!

|

« 2009.9.20 田代島1 | トップページ | 成田エクスプレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/31640172

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.9.20 田代島2 ねこの楽園:

« 2009.9.20 田代島1 | トップページ | 成田エクスプレス »