« イベント紹介 | トップページ | 2009.11.22 プロローグ 院内銀山 »

2009年11月22日 (日)

2ヶ月ぶりに東北へ

 今、山形県新庄市内のホテルでこれを書いています。

 最近はネット環境が整備されたホテルが当たり前になってしまい、何を今更という感じですが、私のいる安ホテル(というと怒られてしまいますね....設備は普通のビジネスホテルですが、朝食付きで4,000円は安い)でも普通にネットが楽しめます。これから、9月に引き続き、「衝撃の」羽後町を訪ねる予定です。またブログに書くことになることでしょう。

 そうでした。先週のことを書いておきましょう。 

 栗源いも祭りは、天候も良く大盛況のうちに終わりました。(確か、主催者発表で約6万人の人出であったと聞いています)。私のいたブースのモッフルも、無償配布にしたところ飛ぶようになくなりました。

 しかし、新しい製品をPRするのは難しいですね。モッフル(餅で作ったワッフル)なんて初めて見るものですから、説明してもなかなかわかってもらえません。結局、製造過程を見せて、実物を見せて食べてもらうのが一番ということになるわけですが、それまでが結構大変です。ひとたび人が集まってしまえば、それを見て他の人も野次馬的に集まってきますので、「話は簡単」と言いたいところですが、そんなに一度に沢山モッフルを作ることはできませんので、整理券の配布など、一工夫が必要です。良い経験になりました。

 さて、昨日(11/21)はミューザ川崎でポジティフオルガン講座があったので、10月に引き続き行ってきました。http://www.kawasaki-sym-hall.jp/calendar/detail.php?id=bf2aee3af2895c17a680f36dbfebf31b

 今回は2台のポジティフオルガンを使用しての即興演奏でした。2台ということは、2人で弾くということになるわけですが、その場合は相方のことも考えながら弾かないといけない(相手の音楽を聴きながら、こちらの音楽を作っていく、当然テンポや間合いの取り方、曲の終わり方なども注意が必要)ので、楽しくもある反面、難しさも感じました。

 写真はポジティフオルガンの中です。パイプが沢山入っています。鍵盤とストップの操作により、パイプ一つ一つを鳴らしていくことになるわけです。ちなみにパイプは錫や亜鉛でできているそうです(木のパイプの場合もあります)。ちなみにこの楽器は数百万円するそうです。手工品なので、無理からぬところですが。20091121positiveorgan

|

« イベント紹介 | トップページ | 2009.11.22 プロローグ 院内銀山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/32303760

この記事へのトラックバック一覧です: 2ヶ月ぶりに東北へ:

« イベント紹介 | トップページ | 2009.11.22 プロローグ 院内銀山 »