« 2009.11.22 再びOhzan de imane村 | トップページ | 2009.12.2 NHKクローズアップ現代 »

2009年11月30日 (月)

2009.11.22  羽後町西馬音内 弥助蕎麦

 そろそろお昼の時間になってきました。

 先程の「Ohzan de imane村」でランチコースを頼んでも良かったのですが、ここは羽後町西馬音内(にしもない)名物である蕎麦(そば)を食べることとし、「Ohzan de imane村」を後にしました。

 歩いて数分、着いたのは、「弥助蕎麦」。創業は文政元年(1818年)、江戸の時代から約二百年続く東北で一番古いといわれる蕎麦屋だそうです。「元祖ひやがけ」の通り、全国で始めて「ひやがけ蕎麦(かけ蕎麦の冷たいもの)」を発売した店として有名で、全国の蕎麦通から多くの支持を受けている、とのことです。http://www.nichimen.or.jp/kikou/03/01.html

 P1040588

P1040589 P1040594

 P1040597

 写真は左から順に、店の外装(西馬音内川にかかる二万石橋のたもとにあります)、店の中にある矢口高雄さん※の色紙など、私が頼んだ天丼付き冷やがけそば定食(これで800円は安い)、店内の様子です。

※「釣りキチ三平」の作者。地元の秋田県横手市出身で、羽後町西馬音内にある羽後銀行(現:北都銀行)に勤務していたこともあった

 蕎麦の味ですが、細めの麺ですが歯ごたえがあり、蕎麦の風味が良い感じで広がっていきます。温かい蕎麦もありますが、これは確かに「冷やがけ」で食べた方がすっきりとして美味しいです。これまで全国各地の蕎麦を食べてきましたが、間違いなく上位に入ります。

 私が店に入ったのは11時半頃で、その時はまだお客さんは少なかったですが、店を出る正午頃には、満席に近くなっていました。流石に大した人気です。

|

« 2009.11.22 再びOhzan de imane村 | トップページ | 2009.12.2 NHKクローズアップ現代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/32433901

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.11.22  羽後町西馬音内 弥助蕎麦:

« 2009.11.22 再びOhzan de imane村 | トップページ | 2009.12.2 NHKクローズアップ現代 »