« 銚子電鉄関連情報 | トップページ | 2010.2.7 今日の銚子電鉄 »

2010年1月31日 (日)

2010.1.31 習志野文化ホール パイプオルガン&バリトンコンサート

 今年最初に行った演奏会となりましたhttp://www1.seaple.ne.jp/narabunh/event01.html

 昨年12月23日、ミューザ川崎のクリスマスコンサート以来となります(なお、12月23日の詳細はブログには記載していません。念のため。一応簡単に紹介しますと、オルガンにトランペットなどの金管楽器が入ったちょっと変わった編成で、クリスマス関係の曲目が多かったコンサートでした)。

 さて、パイプオルガン&バリトンというあまり目にしない組み合わせですが、実はオルガン奏者とバリトンの方が同じ大学の同期ということで、元々お知り合いであったという経緯もあったようです。実際は、オルガンのみの演奏と、バリトンも加わった演奏(2部の2曲とアンコール1曲)の2とおりありました。

 演奏の方ですが、オルガンの音が良く通っていた感じでした。残響が比較的少ないこともあってか「音が抜けるような感じ」は少なかったですが、迫力は十分で、弱音も明瞭に聞き取れ、音色も美しいものでした。バリトンの声も良く通っていました(もっと抜ける感じがあると良かったかな....やや音響がデッドになる傾向がある、このホールの特性でもありますが)。

 特筆すべきは、お客さんの入りでしょう。1475席あるホールがほぼ満席(間違いなく9割は埋まっていたでしょう)になっていました。パイプオルガンの演奏会では珍しいことです。

 それでは、なぜこれだけお客さんが入ったのでしょうか?

1)チケットが安いこと(一人1,000円、これは通常の相場:3,000円位?に比べれば確かに格安です。その代わりといっては何ですが、パンフレットはA3判2つ折りのいたって簡素なものでした。これはこれで一見識と言えるでしょう)

2)宣伝をしっかりやっていたこと(習志野市広報、ミニコミ誌、習志野文化ホール友の会の会員などにお知らせしていた。津田沼駅などにポスターもあった)

3)会場のロケーションが良かったこと(JR津田沼駅から徒歩5分)

4)馴染みのある有名曲が多かったこと(下の曲目リストを参照)

5)1年前にもオルガン奏者の椎名雄一郎さんが、同じ場所でコンサートをしていたこと

6)椎名さんが、地元船橋市の出身であったこと

 等々が考えられます。

 結構、5)、6)あたりは大きかったのではないか、と考えています。地元の方で、演奏会も以前開いていて馴染みがある、となれば行きやすいものです。

 演奏会後のサイン会にも人が良く集まっていて、用意されていた80枚程のCDは全て売り切れてしまいました。値引きしていたとはいえ(2,940円→2,500円)大したものです。

 

 そうでした。もう一つ特筆すべきことがありました。演奏中の曲目の解説です。

 その解説が面白く、 「この曲は、足鍵盤で大変そうに弾いてるように見せるのが一番大変です(ホント?)」

 「この曲のフーガは、暴走族のテーマです(バッハ:前奏曲とフーガ BWV532。確かに、フーガの冒頭の「レミファミレミファミレミファミレミファミレ」は、そう聞こえます....)。そして足鍵盤で弾くのが大変な曲で、冒頭には弾きたくない曲です(笑)」

 など、曲を聞かせる工夫が凝らされていました。

 いかに演奏会に興味を持ってもらうのか、考えさせられた次第です。

 

 最後に、曲目リストを示します。

第1部 バッハ名演集

 小フーガ BWV578

 トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

 コラール前奏曲<われ神より離れじ> BWV658

 コラール前奏曲<愛するイエスよ、われらここに集まりて> BWV731

 前奏曲とフーガ ニ長調 BWV532

第2部 歌とオルガン

※F.シューベルト 魔王

※プッチーニ  歌劇「トスカ」第1幕から「テ・デウム」

 W.オルブライト 死の舞踏

 F.メンデルスゾーン ソナタ第1番 ヘ短調

アンコール

 J.S.バッハ  主よ、人の望みの喜びよ

※F.シューベルト セレナーデ

 ※は、オルガンとバリトンとの共演

|

« 銚子電鉄関連情報 | トップページ | 2010.2.7 今日の銚子電鉄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/33196565

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.1.31 習志野文化ホール パイプオルガン&バリトンコンサート:

« 銚子電鉄関連情報 | トップページ | 2010.2.7 今日の銚子電鉄 »