« エピローグ 2010.4.25 羽後交通雄勝線 | トップページ | KSL Live World 2010 »

2010年5月15日 (土)

松山庭園美術館

 もう10日以上前のことになりますが、GW中の5月3日には、ここに行ってきたのでした。http://www.konoki.com/ 流石に、遠出では車の渋滞等がひどい、と思い、近場の穴場?に行ってきたというわけです。

 はっきり言って、「本当にこんな所に美術館があるのか」と思えるような田舎です。

 元々何かのお屋敷があった、というところではなく、この地にアトリエを持っていた此木三紅大(このきみくお)さんが、アトリエを美術館にして一般に開放した、とのことです。

Dscn9477 Dscn9478 Dscn9481

 左は美術館の入口、中央は外から見た建物、右は案内板。金・土・日・祝日の営業です。中央下に見えるオブジェは、此木さんによるガンダ彫刻です(ガンダとは、銚子近辺の言葉で使い古して捨てられた鉄くず等のことを言います)。

Dscn9523 Dscn9530

 ユニークな石の彫刻が見えます。中の庭も中々風情があります。美術館の中には、浅井忠、ドラクロアの絵や茶器等が展示されていました。

Dscn9535 Dscn9536

 美術館には、ねこがいました。実にのびのびとしていて、気持ちよさそうです。良いねこだなあ。どうやら此木さんはネコ好きのようです。

 美術館の中では、猫ねこ展覧会2010が開催中です(6月27日まで)。ネコ好きの方は、行ってみてはいかがでしょうか。車でしか行けないのが難ですが。

|

« エピローグ 2010.4.25 羽後交通雄勝線 | トップページ | KSL Live World 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/34711450

この記事へのトラックバック一覧です: 松山庭園美術館:

« エピローグ 2010.4.25 羽後交通雄勝線 | トップページ | KSL Live World 2010 »