« 2010.10.23 ミューザ川崎 | トップページ | 侵略!イカ娘 »

2010年10月30日 (土)

オルガンを作る?!

 台風14号が迫る10月30日、ミューザ川崎でこんなイベントがありました。

http://www.kawasaki-sym-hall.jp/calendar/detail.php?id=2850cf48a3cd47a515b570338af83c62

 そこで出てきたのは、パイプオルガンのパイプ作成キット(!)。紙工作で、パイプオルガンのパイプを作ろうというのです。これらをはさみやカッターで切り、両面テープや紙テープで貼り付けして、パイプを作っていきます。

Dscn1087

 そして組み上がったのが下の写真です。

 上が短い閉管、下が長い閉管※です。結構良い音がします。管の中程にある2枚の板は、ひげと呼ばれるもので、これをつけることで音が鳴りやすくなります。ひげの形状で、音の高低が変わります。

 ※閉管は、下の長い管を見ればわかりますが、管の片方が閉じている管です

 なお、空気が漏れたり、紙の厚みが薄かったり、仕切り板(写真では見にくいですが、パイプの途中が空いているあたりにあります)の隙間が1.5mmを超えると音が出なくなります。結構デリケートな楽器です。

 Dscn1089

 実際のパイプオルガンのパイプは、錫(すず)や鉛、木、ガラスなどで出来ています(なお、紙のパイプによるものもイタリアにあるそうです)。講師の高エネルギー加速器研究機構の三橋先生によりますと、音色自体は、材質による差はほとんどないそうで、銅で作っても、鉛で作っても、木等で作っても大差ないそうです。要は構造の問題、ということのようです。

 左下の写真は、上が錫と鉛によるパイプ(実質、はんだの材料でパイプを作っているようなものです)、下が木によるパイプです。

 右下の写真は、ポジティフオルガン内のパイプです。ここで見えているのは全て木のパイプです。

Dscn1088 Dscn1094

|

« 2010.10.23 ミューザ川崎 | トップページ | 侵略!イカ娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/37462528

この記事へのトラックバック一覧です: オルガンを作る?!:

« 2010.10.23 ミューザ川崎 | トップページ | 侵略!イカ娘 »