« KSL Live World 2010 12/24発売! | トップページ | 2010.11.17 いすみ鉄道 »

2010年11月13日 (土)

2010.11.13 ミューザ川崎

P1040505

 これは何でしょう?

 答えは、ミューザ川崎にあるパイプオルガンの内部です。何となく造りの良い木造建築を思い起こさせます。左上に見える銀色の管は、パイプの一部です。

 今日は機会があり、パイプオルガンの内部に入ることが出来ました。

P1040528

 演奏台(コンソール)近くから見上げたものです。普段は(客席からは)このアングルからパイプオルガンを眺めることは出来ません。光り輝いて立っているパイプの様子が美しいです。 

P1040529

 演奏台から客席方向を見たものです。オルガン奏者は、演奏終了後、こんな感じの視界が目に入っているということになります。中々良い眺めです。

P1040538 P1040539

 左はパイプオルガンの移動演奏台。これも間近に見る機会はあまりありません。音を出すことも出来ました。思ったよりタッチは軽かったです。間近であるだけ、音の迫力も相当なものです。

 ミューザ川崎のパイプオルガンは、2004年クーン社製のものです。右のエンブレムでそれとわかります。

 

|

« KSL Live World 2010 12/24発売! | トップページ | 2010.11.17 いすみ鉄道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/37654438

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.11.13 ミューザ川崎:

« KSL Live World 2010 12/24発売! | トップページ | 2010.11.17 いすみ鉄道 »