« 2010.11.17 いすみ鉄道 | トップページ | 2010.11.25 東大寺大仏-天平の至宝- »

2010年11月25日 (木)

2010.11.23 銚子電鉄

 新型車の運転開始と旧型車の引退が済んで、一段落した感のある銚子電鉄ですが、2ヶ月ぶりに行ってきました。

Dscn1442

 仲ノ町駅構内の車庫には、新たに車輌点検用の施設が造られていました(右に見える、白いコンクリの部分)。新型車導入に伴い、下回りの点検を行いやすくするためとみられます。

Dscn1456 Dscn1470 Dscn1473 Dscn1475

 笠上黒生駅には、デハ701・702、ユ101が留置されていました。

 過去の例からして、ここで解体作業を行うことになるとみられます。

Dscn1488

 笠上黒生駅は、駅舎は昭和レトロ風の古びた感じですが、普通の駅です。

Dscn1489 Dscn1490

 しかし、駅に入っていく道は、右の写真のように、路地みたいになっています。何だか他人の家の中を通っていくような錯覚すら感じます。

Dscn1511

 2両編成のイオンラッピング列車。笠上黒生~西海鹿島間にて。この日も結構観光客がいました。銚子~犬吠間の乗車は、バスツアーの定番として組み込まれているようです。

Dscn1520

 もうひとつの旧型車、デハ801ですが、外川駅の構内にいました。今後の処遇が気になります。静態保存などはあるでしょうか。

 

|

« 2010.11.17 いすみ鉄道 | トップページ | 2010.11.25 東大寺大仏-天平の至宝- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/37839409

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.11.23 銚子電鉄:

« 2010.11.17 いすみ鉄道 | トップページ | 2010.11.25 東大寺大仏-天平の至宝- »