« 2010.11.23 銚子電鉄 | トップページ | GOPAN »

2010年11月28日 (日)

2010.11.25 東大寺大仏-天平の至宝-

 平日の休みが取れたので、久方ぶりに東京・上野の国立博物館・平成館へ行くことにしました。

 http://todaiji2010.jp/ しばらく前から始まっていたものでしたが、漸く行く機会を得ました。

Dscn1568

 晩秋の上野公園。都心とはいえ、中々風情があります。

Dscn1573

 国立博物館。こちらは本館です。ここから少し左へ向かうと、

Dscn1575

 今回の展示のある平成館があります。

 平成館は、1年半前の阿修羅展以来となります。当然と言えば当然ですが、今回の方がずっと空いていました。修学旅行生(高校生)をちらほら見かけましたが、大人数という程ではなく、ゆったりと見ることが出来ました。

 巨大な八角燈籠はじめ、誕生釈迦仏立像及び灌仏盤、重源上人座像、等々、国宝級が目白押しだったため、流石に見応えがありました。当時の国の威信、それらを造った人々の熱い想いを改めて感じた次第です。造形の細かさ、美しさには、思わず感嘆してしまいます。

 東大寺に関する展覧会は、今を去ること30年前(1980年)に、同じ国立博物館で行われていました。その時はまだ平成館はなく、本館で実施していました。なぜ30年前かというと、そのとき「国宝大仏殿の昭和の大修理」が落慶したからです。

 実は、私もそれに行ったことがあり(当時のガイドブックも手元にあります)、今回も展示のあった国宝の「誕生釈迦仏立像及び灌仏盤http://todaiji2010.jp/exhibition02.html」はそのときも見ていましたので、2回目ということになります。今回の方が、灌仏盤の細かい造形などをじっくり見ることが出来たように思います。しかしながら、30年も経ってしまったのか.....年を感じてしまいました。 

|

« 2010.11.23 銚子電鉄 | トップページ | GOPAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/37881253

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.11.25 東大寺大仏-天平の至宝-:

« 2010.11.23 銚子電鉄 | トップページ | GOPAN »