« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

2011.1.29 湯沢から西馬音内へ

 秋田駅に着き、次の列車は...と思ってみたところ、

P1170027

 乗る予定の列車が、「雪により運休」との案内が。これでは仕方がありません。

 その次の列車でも間に合うので、慌てる必要はなかったのですが、「この天候なので、出来る限り目的地に近づいた方が良い」と考え、秋田駅10:04発のこまちで大曲へ先回りすることとしました。

P1170035 P1170036

 大曲駅。新幹線駅として整備しただけのことはあり、駅構内には立派な待合室がありました。しかし駅の周辺は人気がなく、近くにあったバスターミナルも人はほとんどいませんでした。ひょっとして、横手や湯沢よりも寂しいのでは、とも思ったくらいです。

P1170039

 その後、大曲駅で11:18発の列車に乗り、2分程遅れながらも12:05頃、湯沢駅に到着しました。車輌の前部は、ご覧の通り雪まみれです。いかに過酷な条件で走っているかがわかります。

P1170051

 湯沢駅から西馬音内(羽後町)へ。バス待合所の周りは雪の壁でした。12:50頃、定刻より5分遅れで出発しました。

P1170052

 13:05頃、西馬音内に到着。5ヶ月前とは全く違う光景が広がっていました。

P1170056

 Ohzan de imane村。雪で押し潰されそうです。「大丈夫ですか....」と声を上げかけました。雪下ろしの手伝いでもしたいです。なお、雪下ろしの関係からか、営業はしていませんでした。

 ここから書店ミケーネへと立ち寄った後、いよいよ「ゆきとぴあ七曲」に参加すべく、羽後町役場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

2011.1.29 プロローグ 男鹿線

 1月28日~30日まで、秋田に行ってきました。

 今年は、日本海側は大雪で寒いとの情報が入っていましたが、実際の所はどうだったでしょうか。ということで、今回は1月29日(土)の秋田駅から始まります。

P1160995

 午前7時5分。秋田駅には、4両のディーゼルカーが待ち受けていました。列車の運休などを心配していましたが、定刻通り発車しそうです。

 午前7時7分。定刻通り発車しました。高校生が途中乗り込んでは来ましたが、それ程混雑するまでには至らず、1時間近く経った最後の男鹿駅近くでは、私の乗っていた車輌では私1人になっていました。

P1160997

 天王~船越間にて。八郎潟と日本海を結ぶ船越水道です。川面には一面に氷が張っていました。寒いということを実感する光景です。

P1170009

 男鹿名物と言えば、なまはげ。駅構内にも展示がありました。

P1170008 P1170005

 車輌にも、なまはげを示すものがありました。男鹿線は、「男鹿なまはげライン」と呼ぶそうです。観光目的でこの線を利用する人はあまり多くなさそうですが。

P1170013

 男鹿駅。曇りがかった空は、この時期の日本海側の空らしいです。

 列車は時刻どおり8時5分に男鹿駅着。その後8時16分に男鹿駅を発車して、時刻どおり9時13分に秋田駅に着いたのでした。今度は秋田に向かうにつれて乗客が増えてきて、秋田駅では座席がほぼ埋まるくらいになっていました。

 ここまでは定刻通りだったのですが、これから列車の遅れ、運休などに遭遇することとなりました。

 次回予告:羽後町で行われた「ゆきとぴあ七曲」http://www.town.ugo.lg.jp/sightseeing/detail.html?id=345&category_id=133への参加ということで、羽後町へと向かったのですが、そこで待ち受けていたものは....乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

2011.1.23 見に行った ねこばん3D とび出すにゃんこ

 というわけで、見に行ってきました。

 http://nekoban.net/

 やっぱり、ねこは最高ですね。ねこ達が画面に出てきて、じゃれ合ったり、ニャンと言ったり、いたずらしたりする様子を、3Dメガネをかけてニヤニヤしながら見ていました。改めて、「この世で一番偉いのは、ネコである」という究極の真理に気がついてしまいました。バンニャーイ!

....ではなかった....頭を(数十年間)ねこに洗脳されているおかげで、すぐにそっちの方に行ってしまいます。

 ストーリーはあってないような感じでしたが、飛び出す伊武さん(とねこ達)が良かったです。TV版で不評だった、ねこの擬人化しゃべりもなかったですし、ポエムなどもなく、TV版に比べるとすっきりとした作品になっていました。

 作品の伏線(最初のタイトル部分に出てくる様々なアイテムなど、詳しくはネタバレになるので言いません)ですが、うまくつなぎ合わせてまとめたというよりは、いかにもくっつけて意図的にまとめたように見えましたが、悪くはありません。

 なお、「ねこばん」の意味は、最後の最後で判明します。

 ねこの好きな人には、楽しめることでしょう。「ねこタクシー」の御子神さんクラスのパンチのある猫はおらず、何となくプロモーションビデオを見ているような感じではありましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

2011.1.15 東京文化会館音楽鑑賞室

 今年最初のコンサート、ということになります。http://blog.livedoor.jp/shibat9/

 ピアノソロが中心の演奏会と言えそうですが、水を入れたボウルなど変わったパーカッションを使った演奏あり、ネイキッドボイスありで(伴奏等なしの人の声のみ、発声によって雰囲気ががらっと変わる)、身内の演奏会といったノリでしたが、結構面白かったです。

 しかし、東京文化会館にこんな所があったとは..... http://www.t-bunka.jp/library/room.html 初めて知りました。

P1040829 P1040842

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

2011.1.2 わたらせ渓谷鐵道・足尾銅山

 1週間程前になりますが、わたらせ渓谷鐵道へと行ってきました。

 わたらせ渓谷鐵道は元国鉄足尾線。第3セクターになってから20年以上が経ちますが、経営に苦しんでいるという話も聞きます。

 日光駅からバスで40分程、わたらせ渓谷鐵道の終着駅、間藤駅に着きました。

P1160717

 間藤駅の中にあった、宮脇俊三さんの「時刻表2万キロ」の記事。国鉄足尾線の足尾~間藤駅間が、国鉄最後の未乗区間であったことに因むものです。

P1160728

 さて、間藤駅で時間があったので、間藤駅から足尾本山への廃線跡を追ってみることとしました。結構レールが残っています。

P1160729

 踏切もまだありました。まだ現役で使っていそうです。

P1160733

 橋梁。まだ撤去されずに残っていました。撤去費用がかかるためでしょうか。

P1160748 P1160756

P1160758

 終着駅の足尾本山。立ち入り禁止になっていました。既に工場も閉鎖されているようでしたが、まだ一部は動いているらしいです。しかし、裏山の禿具合が、足尾鉱毒の凄さを物語っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

ねこばん3D とび出すにゃんこ

 タイトルが何とも言えないです。http://nekoban.net/

 「ねこばん」は、元々は昨年10月~12月まで、UHF系(チバテレビなど)で放映されていた連続ドラマです。主役の伊武雅刀さんの他には人間はほとんど登場せず(最終話・12話を除く)、様々なねこ達が登場して活躍(?)するという、ネコ好きが喜んでしまう作品ですが、ねこの演出が前作「ねこタクシー」http://www.nekotaku.info/※に比べてあまり良くなかったので、それ程注目していませんでした。一応録画はして見てはいましたが。

※余談ですが「ねこタクシー」に登場するオスの三毛猫「御子神さん」は最高です。こんな猫がいたら、今の仕事を辞めて「ねこタクシー」を始めていたでしょう、などと書きたくなります。

 しかしながら、映画版は様子が大分変わりそうなので、「とび出すにゃんこ」につられて見に行ってみようかな、と思っています。そういえば、最後に見た映画が「ねこタクシー」だった....

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

2011.1.1 謹賀新年

 今年もよろしくお願いします。

 先程、近くの神社に初詣に行ってきたところです。

 さて、どんな年になるでしょうか。今まで休止していた音楽活動も再開することになりそうですが、果たしてどうなりますやら。これまでとは違ったものになるでしょうけど。

 何はともあれ、2011年スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »