« 2011.3.20 香取市佐原にて | トップページ | 2011.4.7 砂漠のような液状化 »

2011年3月24日 (木)

風評被害

 ご存じのとおり、福島第1原発事故の放射能による「ほうれんそう」などの風評被害が問題になっています。

 実際、私の周囲(香取市など)でも、風評被害によってほうれんそうの売り上げが落ちた、只でさえ客の入込が少ないのにこの状況では苦しい、ほうれんそう自体は千葉産で特に問題はないのに敬遠されてしまっている....そのような話を聞きます。

 今日も、とある店に行ったところ、千葉産のほうれんそうが沢山並んでいましたが、物が動いているような感じには見えませんでした。ほうれんそうの物自体は立派なもので、値段から考えれば「お買い得」と言えるにも関わらずです。

 たまりかねて、このほうれんそうを買っていきました。この様子を見るに忍びなかったのです。仮に万が一にも放射能汚染されていたとしても、どうせ自分はあと何年も生きられる身ではない(と思う)し、この馬鹿げた風評被害の片棒を担ぎたくなかったのです。水道水のヨウ素は、確かに乳幼児の影響があるといわれていますので、まだわかりますが...

 ちなみに、農畜産物の影響に関するサイトは、以下のとおりです。

 http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/index.html

P.S. 千葉県産農産物の放射能モニタリング検査結果

http://www.pref.chiba.lg.jp/annou/press/h22/housyanou-kekka-0325.html

 旭氏と多古町で暫定基準値を超える放射能が測定されたそうです。

 もっとも、暫定基準値を超えた食品を食べた場合であっても、直ちに健康に悪影響が生じるものではないとされています。(少なくても、福島第1原発内での被曝とは全然比較にならないレベルです)

|

« 2011.3.20 香取市佐原にて | トップページ | 2011.4.7 砂漠のような液状化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/39355724

この記事へのトラックバック一覧です: 風評被害:

« 2011.3.20 香取市佐原にて | トップページ | 2011.4.7 砂漠のような液状化 »