« 2011.5.20 佐原の現況 | トップページ | 2011.6.5 銚子にて »

2011年5月29日 (日)

2011.5.28 レンブラント 光の探求/闇の誘惑

  随分前に前売り券を買ってはいたのですが、震災の影響もあってなかなか行く機会を得ませんでした。http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/rembrandt201103.html#mainClm

 耐震補強(免震工事済み)をしてあったためか、国立西洋美術館は震災の影響はあまりなかったようです。私の親戚も震災当日ここにいたそうですが、物が落ちたりする程度で大きな影響はなかったと話していました。

 土曜の午後ということで、混雑を覚悟していたのですが、雨だったせいか思ったほどではありませんでした。もっとも傘置き場を探すのにちょっと一苦労でしたが。

 しかしながら、レンブラントのパワーには恐れ入ります。「レンブラントの版画は複製できなかった」と同時代の版画制作者が話していたそうですが、確かにあの緻密な表現(人の表情などを見ていると、よくあの小さいスペースの中に収めたものだと感嘆してしまいます)、光と闇の使い方、構図の取り方....見ていて鳥肌が立ってきます。これは確かに「複製は困難」というのも納得です。

 おそらくこれらの表現は、のちの版画制作者に大きな影響を与えたことでしょう。私の好きなルドンなども、影響を与えたに違いありません。

 あと凄いと思ったことは、様々な技法や紙の質にこだわったことです。ここに来るまで、レンブラントが和紙を使っていたことは知りませんでした。当時は和紙の入手自体大変だった(高かった)ことでしょう。

 版画が主の展覧会で、版画自体が小さいこともあり(縦横30cm程度?)地味な印象を受けますが、内容は濃いものでした。細部にこだわった緻密な表現を見るだけでも、十二分に価値はあります。 

 おまけ

P1050392 P1050395 P1050396

 東急東横線祐天寺駅前、「ナイアガラ」にて。久方ぶりに寄ってみました。店の正面は少し変わっていましたが、模型の蒸気機関車がカレーを運んでいく様子は相変わらずです。

|

« 2011.5.20 佐原の現況 | トップページ | 2011.6.5 銚子にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/40183435

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.5.28 レンブラント 光の探求/闇の誘惑:

« 2011.5.20 佐原の現況 | トップページ | 2011.6.5 銚子にて »