« 2011.6.11 幕張にて | トップページ | 2011.7.3 道の駅くりもとにて »

2011年6月19日 (日)

2011.6.18 仙台・松島・石巻

 JR東日本パス【1日JR東日本路線乗り放題、新幹線・特急等座席指定も2回可能】が出たのを受けて、昨日仙台方面へと行ってきました。大学時代を4年間過ごした仙台のことが気になっていたのです。震災から3か月過ぎましたが、どうでしょうか。

 本当は八日前に行く予定でしたが、都合により昨日に延期になっていたものです。

Dscn2725

JR仙台駅にて。「つなげよう日本」....あの震災があって、何かが変わったような気がします。

率直のところ、仙台駅周辺ではあまり震災の痕跡を見ることはありませんでした。新幹線の駅の天井など、多少工事していたりしていた箇所はありましたが。流石に3か月以上も経つと、変わってきます。私の住んでいた下宿の周辺も、震災による影響は見受けられませんでした。もっとも、一部地域ではかなり地滑りがひどかったようです。

Dscn2746

まだ仙石線は、高城町駅までしか開業していません。その先の石巻駅まではまだ復旧工事中で、高城町駅のひとつ前の松島海岸駅で、代行バスが石巻駅方面へ向けて走っています。1時間に1本程度で、松島海岸駅~石巻駅を約1時間30分ほどかけて走ります。通常の2倍くらいの所要時間です。

Dscn2764 Dscn2765

瑞巌寺http://www.zuiganji.or.jp/にて。松島海岸駅から歩いて10分もかかりません。ここは比較的被害が軽微で、4月10日から拝観を再開したそうです。天気があまり良くないためか、お客さんの入りももう一つのようですが、今後観光客が戻ってくることが期待されます。

Dscn2773

先程お話ししました松島海岸~石巻間の代行バスに乗りました。バスはいわゆる観光型タイプの55人乗り、松島海岸駅で8~9割程度の乗車率で、結構乗っていました。

途中、野蒜駅付近などは、被害の状況が生々しかったです。踏切がめちゃくちゃに壊れていたり、架線柱が斜めになって倒れかかっていたり、レールが持ち上がっていたり....新聞などで見た光景が未だに目の前にありました。

周辺の住宅も、津波で廃屋同然となっていたり、浮きや流木が周辺の農地に打ち上げられていたり、海水がかつては陸地であったところに侵入していたり(上の写真、東名駅付近)....改めて「これはひどい」と思ったものでした。

今回の地震は、宮城県でも被害にかなり差がある、という印象を持ちました。千葉県でもそうですが、被害を受けているところは壊滅的なところがあり、そうでないところは全然、とその差が歴然としていたのです。

Dscn2789 Dscn2791

石巻駅からは、仙台駅行きのバス(三陸道経由)が出ていました。仙石線の代わりの意味もありますが、JRの切符等では乗れません。料金は800円です。おそらく仙石線が全線復旧すればなくなる運命でしょうけど。

石巻駅~仙台駅を約1時間15分で結ぶダイヤでしたが、三陸道の渋滞が激しかったため(石巻~松島間の渋滞はひどく、時間帯によってはほとんど動かないことも)実際はもう1時間余計にかかりました。列車の時間帯(石巻~小牛田~仙台)が合えば、乗換を要するものの、列車の方が確実かも知れません。

|

« 2011.6.11 幕張にて | トップページ | 2011.7.3 道の駅くりもとにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/40463329

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.6.18 仙台・松島・石巻:

« 2011.6.11 幕張にて | トップページ | 2011.7.3 道の駅くりもとにて »