« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

2011.7.30 銚子にて

  銚子電鉄でこんなイベントがあったのでhttp://www.choshi-dentetsu.jp/denden/ibento.htm行ってきました。

 JR東日本千葉支社では、パワフル×スマイルちばフリーパス(おとな1,800円、こども900円)を販売しており、http://www.jrchiba.jp/event/campaign/pdf/20110630.pdf これを利用すると館山や鴨川、銚子などへは格安で行けます。利用するにはちょうど良いでしょう。

 

 P1000163 P1000170 P1000200


 
 P7300802 P7300814 P7300820


 仲ノ町車庫で行われていたイベントの様子はこんな感じです。デハ801が仲ノ町車庫に来ていて、車内では往年の写真が展示されていました。 

 ヘッドマークの展示や、物販(各種入場券、サボなどの販売)、鉄道模型運転などもあり、好きな人には垂涎ものの企画となっていました。

 Sp1000184 Sp1000214 Sp1000236

 

 デハ1001の洗車風景。車中から見られるのは、中々ないことです。車の機械洗車と似たようなものですが、ブラシが窓ガラスをこする様子や、水しぶきを上げながら洗車されていく様子は、ちょっと新鮮です。

 Tp1000248 Tp7300819 Tp7300839 Tp7300845 Tp7300869


 鉄道むすめの「外川つくし」を集めてみたものです。ステッカーやポスターなど、色々あります。ポスターは1枚600円で販売されていました。

 

(付録) 銚子方面への列車でしたが、それ程混んではいませんでした。犬吠埼方面へも行ったのですが、時間帯もあるのでしょうが、バスの客などもおらず静かなものでした。大震災以降客足が途絶えたままのようで、気になります。私の知り合いのバス会社の方の話によれば、3月~6月頃のキャンセル分が、10月~11月に回っているらしい、との情報もあり、その頃になれば客足も戻るかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

放射性セシウムに汚染された稲わら問題

 この問題は、だいぶ広がっているようです。このニュースに限らず数多くの情報が乱れ飛んでいます。http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20110723-00913/1.htm

 この汚染わらの実態は、東北農政局や宮城県などは早い段階で気が付いていたのではないか、と思われます。

 何で今になって、という感は拭えません。 

 もっとも、震災の影響を多く受けた地域で、そこまで気が回らなかった、というのも考えられますが。というか、宮城県では隣が福島県であったにもかかわらず、放射能汚染の問題がそれ程取り上げられていなかったようにも思えます。気仙沼などの津波被害が大きかったせいもあるでしょうが。

 

 今更どうにもならない感はありますが、牛肉の風評被害が長期間にならないことを願うほかはありません。海外への飼料依存が増えそうな気はしますが。それが今後良いかどうかは別として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

2011.7.18 新潟駅にて

 こんなのがありました。

P7180619

 号外は、この一部だけが残っていました。

 持っていくに忍びなく、写真だけ取った次第です。

 しかし、何しに新潟までやって来たんでしょうか(自分で言うな...ですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

2011.7.9 羽後町 第5回かがり美少女イラストコンテスト

 羽後町へは、これで6度目の来訪となります。

 今回は、このコンテストhttp://hachinosu175.blog107.fc2.com/に初参加となりました。「新たな町おこし」ということで、話は色々聞いていたのですが、実際はどんなものなのか、見てみようと思ったわけです。どうせなら、ということで最初からボランティアとして参加することとしました。

 羽後町へ着いたのは午後12時50分。ボランティアの集合時間は午後1時とのことでしたので、間に合うことができました。

 実際に作業が始まったのは、午後1時10分ごろ。まずは、盆踊り会館前に展示用の衝立を設置することから始まりました。 設置が終わった後は、作品の展示(セロテープで作品の貼り付け)、コンテスト投票所の設置、これまで羽後町に関わった方達の記念色紙の展示(机出しなど)となります。

 P7090125

 人数が40名程いたことと、前回同じ作業をしていた方も多かったこともあり、作業は順調に進んでいました。展示用の衝立は、組み立て方がわからないと結構手間取るもので、組み上げた後もがたついたりした所もあって、ちょっと苦労しました。

P7090155 P7090150

 午後2時ごろ、急に空が暗くなり雨が降ってきました。折角の作品が濡れては一大事とばかりに、急遽シートで被いました。このあたり、中々手回しがよいです。

P1000067 P1000071

 時期が時期だけに、雨の心配があります。屋内でできれば良いかもしれませんが、それはそれで開放感がなくてつまらないものです。美術展を見ているのとは訳が違います。しかもコンテストですので投票があります。気楽にみられなくてはいけないでしょう。こんな感じで作品を選んでもらった方がベストだと思います。

 しかし、外は暑かった....秋田でもここまで暑くなるんですね。

P7090169 P7090236

 左は羽後町に関わった方達の記念色紙。右は樋上いたるさん、左はNa-Gaさん(Key作品原画家)の作品です。時価相当いくらするでしょう。

 右はコンテスト投票所の様子。それにしても....この人形たちは何なんでしょうか。完全に異空間となっています。

P7090283 P1000092

 コンテスト会場の隣では農産物の直売を(米粉のケーキが150円で売っていました。美味しかったです)、近くではフラダンス、露店も並び神輿も出てくるわで、「祭りなら何でもあり」の雰囲気です。結構好きだったりします。変に形式的でないところ、祭りの原点を見るようにも思えます。

P7090333

 トークショーもありました。シナリオライター、ラノベ作家のサイトウケンジさんです。作家の苦労話?などいろいろ聞けて面白かったです。

 今回のコンテストですが、作品出展が過去最高の114点に上りました。実際に作品を見ても、結構レベルが高く、プロで通用しそうな人が何人もいました。地元秋田県のも多かったですが、優勝した作品の作者は沖縄県の方で、全国から作品が集まってきているようです。プロ漫画家への登竜門にもなっている様子ですが(実際、これをきっかけにプロデビューされた方もいるそうです)、これからも良い意味で盛り上がってくることを期待しています。

P7090101 P7090102

 おまけ:羽後町、書店ミケーネの自販機。7月9日にイラストが更新されていました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

2011.7.3 道の駅くりもとにて

 このところの暑さで、具合を悪くしたようです。これからが夏本番というのに、この調子では先が思いやられます。

 さて、今年はニガウリ(ゴーヤ)が流行っているようです。電力節減のための自然のカーテン、といったところでしょうが、結構あちこちで目にします。道の駅くりもとで見たニガウリは、こんな感じです。

P11900631 P10000371_2 

 左が6月25日、右が7月3日のものです。1週間での成長ぶりがわかります。

 これからどれだけ成長していくことでしょうか。

P1000018

 今日は、七夕祭りということで、流しそうめんや餅つきなどをやっていました。結構お客さんも来ていたようです。客足は戻ってきた、というべきでしょうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »