« 2011.8.20 水の郷さわらの花火 | トップページ | 2011.9.4  幕張メッセ エコメッセinちば »

2011年8月29日 (月)

2011.8.28 西荻窪 WindsCafe

 

 今回のWindsCafe http://www.st.rim.or.jp/~mal/Cafe/  は、実にユニークなものでした。

 5人のメンバーからなるビスメロ(Vis Melodica 旋律の力、の意)。  http://plaza.rakuten.co.jp/nemotsuji/18000  ヴォーカル、様々な古楽器とバグパイプ 、サックス、ギター、パーカッション。この構成だけでも、「これは一体何だ?」と思わせるものです。

 演奏する音楽も様々で、オリジナル曲あり、中世自体の音楽や日本の大正時代の童謡、カンツォーネ、イタリア民謡、ルネサンス・バロック音楽などをアレンジして演奏します。

 旋律の力、というだけのことはあり、どの曲を聴いても「はっきり旋律が頭に残る」ものでした。会場は決して広くはなかったのですが、あまりうるさい感じもせず、気持ちよく聞いていることができました。「空飛ぶ絨毯※」など、歌詞を聞いていると笑ってしまった曲もあれば、社会的なメッセージが込められた歌(東日本大震災を想起させるものなど)もあったりで、楽しみつつも考えさせるものがありました。「うた」が人に与えるものとは何か...ということを考えさせられた次第です。

P8281319

P8281323

 

 ※隣のトルコ人は太鼓をたたきながら絨毯を売っている ...この世界を逃げ出せ 絶対買いたい空飛ぶ絨毯 ....という調子で歌詞が続きます

 しかし、バグパイプや古楽器など、こんな個性的な楽器をどうやって手に入れたのかと思ってしまいます。演奏者の方に聞いてみたところ、直接エアメールなどで楽器製作者などと交渉して(時にはイギリスなどの現地へ行って)買い求めたそうです。値段は輸入関係の商社を通さないこともあって、それほど高くはなかったそうですが、結構大変そうです。好きでなくてはできないでしょう。

|

« 2011.8.20 水の郷さわらの花火 | トップページ | 2011.9.4  幕張メッセ エコメッセinちば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/41411035

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.8.28 西荻窪 WindsCafe :

« 2011.8.20 水の郷さわらの花火 | トップページ | 2011.9.4  幕張メッセ エコメッセinちば »