« 2011.7.30 銚子にて | トップページ | 2011.8.15 成田ゆめ牧場のトロッコ列車 »

2011年8月11日 (木)

Rewrite 感想みたいなもの

 このところの暑さと、Rewriteのおかげで、半分廃人になっています。そんなことはどうでも良いとして、このゲームhttp://key.visualarts.gr.jp/rewrite/index.htmlに関しては既にあちこちで感想や攻略法等が出ているので、今更の感はありますが、思いついたことを記します。

・シナリオゲーということで、かなり世界観を作りこんでいた感じがしました。日常の描写も飽きさせない工夫がなされるなど、流石にKey作品らしいです。

・新たにシナリオライターとなった竜騎士07、田中ロミオについては良く知らないのですが、「おそらくこんな作風なんだろうな」と思いながら進めていました。話がSFめいていて、魔物や超常現象などを取り上げているうえ、環境問題や人類の未来などもテーマとなっているため、ややすっ飛んだ印象もありましたが、これはこれで悪くないと思います。

・キャラでは静流が可愛かったです。萌要素という点ではかなりのレベルでしょう。西九条さんが「静流ちゃん分げっとー」と言って、抱きつきたくなるのもわかります。シナリオ面が強いせいか、あまりキャラに深入りするタイプのゲームではないのかな、とも思いました。キャラの活躍等にこだわる人には向いていないかもしれません。

・楽曲では、「旅」「CANOE」「Philosophys」「ニリンソウ」「アンスリウム」など、中々のレベルの曲が揃っていました。何よりゲーム最初の「旅」は、あの画面の始まり方といい、はっとさせられるものがありました。ゲームを立ち上げて、イントロだけ見て(聞いて)ロードせずに終わりにしたこともあったくらいです。「YO-SHI-NO」は野球の応援歌みたいで笑えました。

・もっとも、何よりKey作品らしいのは「乙月杯日」ルートでしょうか。リトルバスターズ!以来の伝統らしく、おまけエンドですが思わず笑って楽しんでしまいました。「おっぱい」の部分は、声優さんたちはどんな気分で演じたのか、聞いてみたいところです。謎のキャラ「篝」が一番喋って魅力的(?)だったりします。

・「魔法の第三惑精クリーミィ☆かがりん」は、明日からのコミケでどれだけ同人本が出るでしょうか、気になります。まずRewriteを全クリアしないと意味不明ですが。

|

« 2011.7.30 銚子にて | トップページ | 2011.8.15 成田ゆめ牧場のトロッコ列車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/41172765

この記事へのトラックバック一覧です: Rewrite 感想みたいなもの:

« 2011.7.30 銚子にて | トップページ | 2011.8.15 成田ゆめ牧場のトロッコ列車 »