« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

2011.12.31 大晦日

 今年も残すところ、あと1日弱となりました。もっとも、年々年末年始という気分が薄れていくこの頃ではありますが。

 今年は何といっても「東日本大震災」に明け暮れた1年となってしまいました。仕事やその他の面でも、このことを考えずにはいられない状況でした。今後も様々なことで大きな影響を与え続けることでしょう。人生観が変わったかもしれません。

 来年が良い年であることを願うばかりです。

 

 それでは皆様、良いお年を。

P11908321_2

 写真は12月4日、JR仙石線・蛇田~陸前赤井間で撮影したものです。被災地で美しい虹が見えたので、思わずシャッターを切ってしまいました。はかなく消えるものであるとはいえ、この虹のように心に残るものをこの世に残して生きていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

2011.12.29 ゆりかもめ豊洲駅

Pc293634

 ゆりかもめ豊洲駅から。遠くに次の駅、更にその次の駅が見えます。

 ホームドア等があるため列車の撮影には向かない駅ですが、上の写真を撮った場所は駅員さんがカメラを持っていた私に教えてくれて、中々良い感じに撮れました。ありがとうございます。

 


Pc293628

 
 

Pc293627

 ゆりかもめのデザイン関係(駅構内など)は秀逸だな、と思います。開業してから10数年経ちますが、新鮮さを失っていません。

 それにしても、豊洲駅周辺の変わり様には驚かされます。次々と高層マンションが建っていく様子は、「ここはどこだ?」と思わせます。

 ちなみにこの日は、国際展示場正門駅からこの豊洲駅へ向かい、ここから東京メトロ有楽町線に乗り換えて東池袋駅へと向かいました。私と同じ行動パターンをとった人も多かったのではないか、と推測します。

 国際展示場・東京ビッグサイトではこれhttp://www.comiket.co.jp/(昨日は10数万人が訪れたそうです。相変わらずの混雑ぶりですが、それほど寒くなかったので楽でした。7年前に行ったときは雪が降っていて震え上がりました)、東池袋駅近くのサンシャインシティはこれですhttp://www.mpsinc.co.jp/madoka-magica-event/(こちらはそれほど混雑していませんでした。1:1スケールのフィギュアは見ごたえがありました)。何やってるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

2011.12.24 ロイヤルパークホテル キハ5周年記念パーティー

Pc243472

 キハhttp://kiha-sake.com/には時折顔を出していますが、職場の場所が遠いため、1年に1~2回行くのがやっとでした。今回「5周年」ということで、どんなものかと思い、顔を出してみることとしました。

 会場のロイヤルパークホテルは、東京メトロ水天宮前駅のすぐ近くです。これは水天宮ですが、この写真の右にロイヤルパークホテルが見えています。

Pc243476

 ロイヤルパークホテルは当然ながらクリスマス一色。きらびやかな感じです。

Pc243607

 階段を上ると、そこが今回の会場でした。

Pc243488Pc243490
  

 助役さんのあいさつから始まり、乾杯へ。パーティーが始まりました。


Pc243514

 鉄道模型の展示が数点ありました。写真は、人気投票で1位になった作品です。


Pc243570

 なぜか、埼玉県のゆるキャラ「コバトン」も登場していました。演台に立ってマイクを振り回したり(?)結構受けていました。しかし、この手のご当地キャラは、その地域以外での知名度がどうしても低くなってしまいます(ひこにゃん、せんとくん等を除く)。私もコバトンをまともに見たのはこれが初めてです。

 

Pc243577


 一角では、同人誌の販売や明知鉄道のカレンダーの販売なども自然発生的に(?)ありました。こういった場所ならば売れると思います(私も買いました)。ノリがほとんどコミケです。


Pc243606

 記念のカップ酒。なぜか奈良県生駒の酒です。

 このパーティー参加者は約50名。鉄道好きであれば気楽に参加できます。

 鉄道擬人化で知られる恵知仁さんの姿もありました。http://t-megumi.net/

 

 来年もあるようなので、また顔を出してみても良いな、と思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.23 神奈川県民ホール

 久々に横浜へと顔を出しました。

Pc233456

 神奈川県民ホール。大ホールでは、神奈川フィルによる第9の演奏会をやっていましたが、私が向かったのは小ホールでした。オルガンによるクリスマスコンサートがあったのです。

 オルガンに3人の歌手が加わったコンサートで、曲目は、バッハやモーツァルトのオペラなど、親しみやすい曲ばかりでした。中々アットホームな感じで良かったのではないか、と思います。


Pc233460

Pc2334601

 神奈川県民ホールのパイプモデル。ちなみにこの(県民ホールの)パイプオルガンは、日本の公立ホールで初めて設置されたものだそうです(1975年1月の開館時に設置)。

Pc233462

 近くにある、横浜海岸教会。http://www.kaiganchurch.or.jp/ ライトアップされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

オナガ

 自宅近くに数羽でまとまって飛来したのを見たので、写真に撮ってみました。巣の場所でも探していたのでしょうか。

 P1200653

 P1200654_3


 鳴き声はカラスの仲間なので、...ですが、流石に美しい鳥です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

2011.12.4 JR仙石線野蒜駅周辺

P11908621P11908641

 

 JR大湊線の翌日は、被災地であるJR仙石線を回ってみました。

 JR矢本駅~JR松島海岸駅間の代行バスで、野蒜駅へと向かいました。野蒜駅は奥松島の玄関口ですが、東日本大震災の津波が襲い、1階部分は写真にあるような惨状になっていました。


P11908651


P11908681

 野蒜駅部分。架線が垂れ下がっていたり、架線柱が曲がっていたり、津波で線路が埋まっていたり...9か月近く経ちますが、未だに津波の被害の大きさを感じさせます。


P11908951


P11909071

 野蒜駅から1km程石巻(陸前小野)方向に行くと、未だに列車1編成が放置してありました(この写真を撮った数日後に、仙台へと搬送されました)。「がんばろう!東北」の文字が見えます。


P11909101

 船が水田の中に放置されていました。海岸から2km弱、ここまで流されてきたのでしょう。


P11909141

 


P11909161

 亡くなられた方がいたのでしょうか。

 改めて、今回の震災の大きさ、酷さを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.3 JR大湊線

 前の津軽線の続きとなります。

Pc033135Pc033184


 青森へ戻った後、青い森鉄道で野辺地駅へ向かい、それから「快速しもきた」で大湊へと行きました。

 強い雨の中、「快速しもきた」は一路大湊を目指します。この大湊線は線形が良いせいか結構飛ばします(私の乗った列車は、平均速度67.4km/h)。



Pc033168

 陸奥横浜駅で、「リゾートあすなろ」号とすれ違い。

Pc033218

 JR東日本最北端の駅、下北駅。終点の大湊駅の一つ手前です。

 市街地に近いこともあって、寂しい雰囲気はありませんでした。



Pc033187

Pc033188

Pc033203

  終点、大湊駅。雨の中の到着でした。外の明かりがやけに美しく思えました。

  これで、JR東日本の路線を全線完乗したことになります。ちょっと達成感がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

2011.12.10 皆既月食

 一眼レフを単純に月に向けただけですが、こんな感じで撮れました。かつては天体望遠鏡で日食を見たり、写真を撮ったりしたことを思い出しました。

P12006332 2011.12.10 22:30


P12006392 2011.12.10 23:02

P12006462 2011.12.10 23:34


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

2011.12.3 JR津軽線 津軽海峡冬景色

 Pc032875_5 Pc032884_4 

 

 東北応援パスの発売に合わせて、青森へと行ってきました。

 東京~新青森間は約3時間半、随分と速くなったものです。 

 新青森駅は、開業1周年ということで記念イベントの準備が行われていました。

 

 Pc0328831
Pc0328871 Pc0328881

 

 あれ、西郷隆盛や大久保利通、島津斉彬公のコスプレが....鹿児島の観光キャンペーンが行われていたのです。鹿児島から青森まで、新幹線一本でつながったことを記念してのことでしょう。

 Pc032898_2

 ここからは、特急「スーパー白鳥」に乗り換えて、津軽線の旅が始まります。北海道へ行く人が多いのか、人は結構乗っていました。

 Pc032926

 途中で、海が見えます。天気は生憎の雨、寒々しい雰囲気です。雪こそ目立ちませんが「津軽海峡冬景色」といったところです。

 Pc032929 Pc032972

 蟹田駅着。ニューヨークとローマと同じ緯度だそうです。青森~蟹田間の普通列車JR701系と、蟹田~三厩間の普通列車キハ40系が並んでいます。ちなみに蟹田駅はJR線の両開き扉車の北限(私鉄の両開き扉車は、札幌市交通局の地下鉄に存在)だそうで、JR701系もここから北には入りません。

 Pc032935 Pc032936 Pc032943

  蟹田駅の近くには、農産物直売所がありました。元々は、三厩村にあったスキー場の山小屋を移設したものだそうです。中々風格があります。

 海産物をはじめ、地元の農産物や惣菜、パンなどの加工品など、色々と取り揃えていました。

 気になったのは、この施設が原子燃料サイクル事業によるものだったことです(津軽半島と反対側の下北半島・六ヶ所村で、同事業が実施されていることと関わりがあります)。福島第一原発のこともあり、複雑な気分になりました。

 Pc032973_2 Pc032976 Pc032979

  特急「スーパー白鳥」から、普通列車に乗り換えて、一路三厩へと向かいます。途中の中小国駅は、津軽線と海峡線の分岐駅ですが、駅自体は1面1線の普通のローカル駅です。実際に分岐するのは、更に2㎞ほど北の新中小国信号所です。長大な貨物列車が通るため、非常に構内が長くなっています。しばらくすると海峡線が分かれていきます。

 

 Pc032986 Pc033001

 

 列車は、林の中を走ります。雪が積もっているところもあるため、何だか北海道に来たような錯覚を覚えます。

 津軽線の津軽二股駅からは、海峡線の津軽今別駅が見えます。すぐ隣です。もっとも、停車する列車の本数は津軽今別駅が2往復、片や津軽二股駅は5往復と少ないのですが。津軽今別駅は、北海道新幹線の延伸に伴い「奥津軽駅」となるようですが、工事の様子などはよくわかりませんでした。

 Pc033015 Pc033022 Pc033026

 津軽線の終着駅、三厩駅。周囲はいくつか住宅がある程度で何もなく、静かに冷たい雨も降っていることもあり、「本州の最果ての地に来た...」という実感がありました。ある意味、終着駅らしい佇まいです。竜飛岬行きのバスが駅前にいましたが、誰も観光客を乗せることはなく出発していきました。

 緯度的には、後述する(予定の)大湊線下北駅の方が北なのですが、あちらは市街地に駅があることもあり、それ程「最果ての地に来た」という感じではなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »