« 2012.1.25 京成電鉄ラッピング電車・寅さん | トップページ | 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 花嫁道中 »

2012年1月29日 (日)

2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 フォーラム

P1284164

 羽後町で毎年1月最後の土曜日に開催されるイベント「ゆきとぴあ七曲」http://www.town.ugo.lg.jp/sightseeing/detail.html?id=345&category_id=133

 昨年に引き続いての参加となりました。

 今回は高速バスで東京・浜松町→横手へ行き、横手→(JR)→湯沢→(バス)→羽後町へと向かいました。

 まずは、高速バスで横手バスターミナルに到着。


P1284165P1284184

 横手バスターミナルからほど近い、JR横手駅。まだ真新しい駅舎です。ここから雪の中、湯沢へと向かいます。

P1284228

 湯沢からはバスで、羽後町へ向かいます。一面雪ばかりです(写真は、羽後町西馬音内で撮影した、湯沢行きのバスです)。


P1284208

 

 羽後町に着いたのは、午前8時。あちこちで、雪かきを行ったりキャンドルロードの準備をしている人の姿が見られました。写真は、盆踊り会館前にて。


P1284231

 町内を散策した後に、フォーラム会場の羽後町活性化センターへと向かいました。既に花嫁道中の馬橇(うまぞり)の準備が始まっていました。


P1284234

 フォーラムの資料と、かけそば食事券。このかけそばは、有名な「弥助そば」のものです。

P1284235


P1284263

 フォーラム会場の様子。「雪国羽後の食と農」をテーマに、秋田大学の池本准教授による講演と、パネラーの方々を交えたディスカッションが行われました。出席者は羽後町の方以外に、隣の湯沢市等の方々が多かったようです。

 その土地にあるもので、これまで注目されていなかった、あるいは捨てられていたものの有効活用(アケビの種から油を採取、抗がん作用のあるホップの葉を活用した茶、等々)というのは、面白いと思いました。今後、どのように地域の活性化につなげていくかが課題となりそうです。単に「品質・効能等が良いから作れば良い」というものではなく、それを購入する側の視点に立ち、どうしたら買ってもらえるか、そのためには何をするべきか、ということも必要となるでしょう。私の今の仕事にもつながる話です。

P1284273P1284275P1284276

 

 羽後町活性化センターに飾られていたパネル等々。フォーラムの最後に、それぞれの担当者が製品の説明をしていました。「羽後野いちごちゃん」もしっかり宣伝していたのには、少し笑えました。

P1284280

 フォーラムの最後は、食事券と引き換えに出た「かけそば」。流石に良い味です。

 

 午後からは、今回のハイライト「花嫁道中」に続きます。

|

« 2012.1.25 京成電鉄ラッピング電車・寅さん | トップページ | 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 花嫁道中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/43915606

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 フォーラム:

« 2012.1.25 京成電鉄ラッピング電車・寅さん | トップページ | 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 花嫁道中 »