« 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 花嫁道中 | トップページ | 2012.2.11 習志野文化ホール 椎名雄一郎×パイプオルガン J.S.バッハ名曲コンサート »

2012年2月 4日 (土)

2012.2.4 三菱一号館美術館 ルドンとその周辺-夢見る世紀末

 今日は、こちらの展覧会に行ってきました。http://mimt.jp/redon2012/

 元々ルドンが好きだったので、かつて東京国立近代美術館で開催された「ルドン展」や、パリのオルセー美術館、ルドンの作品の多い岐阜県美術館に足を運んで、実物に見入っていたものでした。今回の展覧会は、岐阜県美術館が改修工事のために休館されるのを機に、そのコレクションを多くの人に知ってもらうことを目的に開催されたものだそうです。

 作品の中には、既に岐阜県美術館などで見たものもあり、「いつぞやの絵じゃないか、また会えたな」と懐かしく感じました。改めて、黒をベースとした不思議な雰囲気の版画(作品によく出てくるグロテスクにも見える眼、三位一体を示す三角形などが良くモチーフとして登場します)や、パステル画による美しい花の絵、等々を間近で見ると、改めて「実物に出会えて良かった」と思えます。

 グラン・ブーケには、その大きさに驚かされました。実は私もこの存在を知らず、「こんなパステル画の大作があったのか」としばらく絵の前で立ち止まってしまいました。

 私が行ったのは午後4時頃でしたが、それほど混雑はしていませんでした。3月初めまで開催しており、ロケーションも良い(東京駅・有楽町駅から徒歩数分)ので、ご覧になってはいかがでしょうか。

P.S. 2月8日付の朝日新聞の夕刊に、ルドンの「グラン・ブーケ」の紹介記事がありました。注目の作品、ということでしょう。

|

« 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 花嫁道中 | トップページ | 2012.2.11 習志野文化ホール 椎名雄一郎×パイプオルガン J.S.バッハ名曲コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/43988229

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.2.4 三菱一号館美術館 ルドンとその周辺-夢見る世紀末:

« 2012.1.28 ゆきとぴあ七曲 花嫁道中 | トップページ | 2012.2.11 習志野文化ホール 椎名雄一郎×パイプオルガン J.S.バッハ名曲コンサート »