« 2012.6.22 プロローグ 遠野・釜石号 | トップページ | 2012.6.23 宮古のボンネットバス、そして三陸鉄道へ »

2012年7月 1日 (日)

2012.6.23 釜石→宮古へ 代替バスの旅

 釜石駅前には、7:00前到着。予定より少し遅れた程度です。

 

 釜石駅自体は、あまり大きな被害はなかったようです。

P6235193P1210516_3

 

 釜石駅の駅そばを食べたり、釜石駅の周りをうろうろしながら1時間弱、岩手県交通「道の駅やまだ」行きのバスがやって来ました。バスの色は、埼玉に本社のある国際興業バスhttp://5931bus.com/系列であることを示しています。これが、JR山田線の代替輸送機関となります。7:50定刻に出発です。

P6235234

 

 釜石駅前は大したことはなかったのですが、市内に入ってみると、津波の傷跡が生々しく残っていました。取り壊し中の建物や、空き地が目立ちました。

 国道や県道では、「これより先 津波浸水想定区域」の看板を目にしました。

P6235242_2P6235260

 

 JR山田線の路盤も、津波で流されているところをいくつか見ました。写真は、大槌駅付近。隣の写真は、大槌病院の跡です。2階部分まで壊滅的な被害を受けていることがわかります。

P6235252P6235263

 

 釜石駅から45分ほど、道の駅やまだに到着しました。ここは高台にあるため、津波の直接的な被害はなかったようです。乗客ですが、朝早いせいかそれ程乗ってはいませんでした。空気輸送というほどではなかったのですが、数人といったところです。

P6235267

 ここから北、宮古方面は、岩手県北交通のバスとなります。こちらは出発が2分遅れ、8:48発車となります。

P6235277P6235268_3

 

 こちらは、先程と異なり、結構お客さんが乗ってきました。終着の宮古駅近くでは、席が全部埋まっていて、立ち席も出たくらいです。40名以上?宮古以外にも106急行利用で盛岡方面に行く客も結構いたのではないか、と想像します。

P6235287

 

 被害の状況がひどいのは、山田町でも同じです。至る所で、建物の土台のみが残る光景を目にすることとなりました。あまりに「画一的な風景」にも見えますが、ここで多くの方が亡くなられたことを考えると、やりきれない気持ちにもなります。 

|

« 2012.6.22 プロローグ 遠野・釜石号 | トップページ | 2012.6.23 宮古のボンネットバス、そして三陸鉄道へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/46070026

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.6.23 釜石→宮古へ 代替バスの旅:

« 2012.6.22 プロローグ 遠野・釜石号 | トップページ | 2012.6.23 宮古のボンネットバス、そして三陸鉄道へ »