« 2012.11.24 木曽福島にて | トップページ | 2012.12.1 アルド・チッコリーニ(すみだトリフォニー) »

2012年12月 6日 (木)

2012.11.24 清洲城

 木曽福島のあとは、名古屋へと向かいました。

 実は名古屋の近くに、前から気になっていたものがありました。

Img_0757

 新幹線(名古屋~岐阜羽島)の車窓からも見える、この模擬天守です。夜にはライトアップされるので結構目立ちます。平成元年(1989年)に建てられ、全国の自治体に1億円を交付した「ふるさと創生事業」によるものと言われていますが、今回実際に行ってみることとしました。

 JR清洲駅からタクシーで数分、模擬天守もとい清洲城http://www.city.kiyosu.aichi.jp/01syokai/shisetsu/50.htmlに着きました。着いたのは午後4時すぎ、天守閣の入場が午後4時15分までとのことなので、急いで入場(入城?)しました。

Img_0739

Img_0743

 外観は、実在した当時を想像して建てられたそうですが、バブル時代も反映しているのでしょうか、「実際より派手ではないか?」という気がします(当時は天守最上階の赤い回廊はなかったような....)。中は近代的なコンクリート造りのため、先の松本城のような急な階段はなく、普通に上に行けます。もっともエレベーターはなく、親切にも清洲城管理事務所の方に「1階で荷物を預かっていきますよ」と声をかけられました(結局荷物の一部を預かってもらいました)。

Img_0750

 清洲城から見た風景。右端の方に名古屋城が見えます。もっとも望遠でなんとか見えるレベルです。清洲城から名古屋城までは直線距離で7km程です。

 なお城跡は開発によって大部分は消失し、さらに東海道本線と東海道新幹線に分断されて、現在は模擬天守の対岸に本丸土塁の一部が残るのみだそうです。

Img_0762

 清洲城近くにある清洲公園にて(ここも城跡の一部です)。織田信長像があります。ここから天下統一を目指していった、ということでしょうか。

|

« 2012.11.24 木曽福島にて | トップページ | 2012.12.1 アルド・チッコリーニ(すみだトリフォニー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/48111391

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.11.24 清洲城:

« 2012.11.24 木曽福島にて | トップページ | 2012.12.1 アルド・チッコリーニ(すみだトリフォニー) »