« 2012.11.24 清洲城 | トップページ | 2012.12.14 プロローグ 国立新美術館 »

2012年12月 9日 (日)

2012.12.1 アルド・チッコリーニ(すみだトリフォニー)

 遅ればせながら、これは良い演奏会だったと思います。http://www.triphony.com/concert/20121201topics.php 

 もう87歳になるピアノ界の巨匠ですが、未だに演奏に対する情熱を少しも失っていないのは大したものです。流石に音が抜けていたりしているところはいくつか見受けられましたし(暗譜ミス?)、指が回るだけであればもっと優れたピアニストはたくさんいることでしょう。しかしながら、曲に対する理解の深さ、作曲者の意図とは?ということを真摯に考えさせる演奏はそうありません。一方で向こう見栄なところは一切なく、「この曲はこうあるべき」というものを絶えず感じさせる演奏でした。

 思わず、これを買ってしまいました(EMIから出ているチッコリーニ録音全集) 。しかしながら、この手の全集も安くなったものです。改めて驚きました。

 あと、この本も少々高いですがお勧めします。

|

« 2012.11.24 清洲城 | トップページ | 2012.12.14 プロローグ 国立新美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/48145903

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.12.1 アルド・チッコリーニ(すみだトリフォニー):

« 2012.11.24 清洲城 | トップページ | 2012.12.14 プロローグ 国立新美術館 »