« 2013.5.18 嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車 | トップページ | 2013.6.29 恵泉女学園大学のパイプオルガン »

2013年6月16日 (日)

2013.6.12 藤城清治 光のシンフォニー展

 たまたまヤマハ銀座店に楽譜を買いに行ってみたところ、同店スタジオでこんな展覧会があることを知り、ふらりと立ち寄ってみました。

 もとより、藤城清治さんの影絵は「暮しの手帖」時代から馴染の深かったものです。今回の展覧会にも、「暮しの手帖」で見たものが展示されていました。

Dsc01288

この「白いねこの女王さま」も、「暮しの手帖」で見ました。1979年の作品、懐かしいです。

Dsc01287 

 こうしてみると、本当に美しいです。なお、会場内の写真撮影は可ですが、「シャッター音等がしないように」とのことでした。

Dsc01295


 気仙沼にあるこの船は、東日本大震災で打ち上げられたものです。こうしてみると神々しいばかりの存在感です(当ブログにも後姿が写っている写真がありますhttp://cipher-251.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/2013429-7b64.html)。

Dsc01316

Dsc01318

 
Dsc01319

 「光のシンフォニー展」というだけあって、演奏シーンが多かったような気がします。これ以外にも「セロ弾きのゴーシュ(宮沢賢治の同作品に基づく)」の連作がありました。

 先程「美しい」と書きましたが、どこか儚さも感じさせます。光の中に浮かび上がる存在ゆえでしょうか。

Dsc01322

 展覧会の存在も知らなかったので、偶然にも最終日に行けたのは幸運でした。
 以前、山梨・昇仙峡の影絵美術館に行ったことがあるので(1992年開館、行ったのは1996年)、今度は新しく那須高原にできた「藤城清治美術館」にも行ってみようと思います。

(追記 2013.6.24) これを機会に、藤城清治さんの後援会に入会しました。どんな行事等があるか、楽しみです。

|

« 2013.5.18 嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車 | トップページ | 2013.6.29 恵泉女学園大学のパイプオルガン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/52065458

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.6.12 藤城清治 光のシンフォニー展:

« 2013.5.18 嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車 | トップページ | 2013.6.29 恵泉女学園大学のパイプオルガン »