« 2013.6.29 恵泉女学園大学のパイプオルガン | トップページ | 2013.7.13 大井川鐵道本線 »

2013年7月 7日 (日)

2013.7.6 所​沢​ミ​ュ​ー​ズ​ ​ス​ペ​シ​ャ​ル​・​オ​ル​ガ​ン​コ​ン​サ​ー​ト

  所​沢​市​民​文​化​セ​ン​タ​ー​(​ミ​ュ​ー​ズ​)​は​、​今​年​で​2​0​周​年​を​迎​え​る​と​の​こ​と​で​、​今​回​の​演​奏​会​は​そ​の​「​記​念​演​奏​会​」​と​い​う​位​置​づ​け​で​す​。​
​ ​ト​ッ​プ​・​オ​ル​ガ​ニ​ス​ト​達​に​よ​る​豪​華​競​演​を​実​現​し​た​こ​の​「​記​念​演​奏​会​」​は​、​そ​の​名​に​ふ​さ​わ​し​か​っ​た​、​と​言​う​べ​き​で​し​ょ​う​。​
​ ​オ​ル​ガ​ン​曲​で​お​な​じ​み​の​バ​ッ​ハ​「​ト​ッ​カ​ー​タ​と​フ​ー​ガ​」​を​は​じ​め​、​生​誕​2​0​0​年​記​念​の​ワ​ー​グ​ナ​ー​や​ラ​ヴ​ェ​ル​の​編​曲​も​の​、​最​後​の​「​2​0​の​旋​律​で​紡​ぐ​オ​ル​ガ​ン​・​メ​ド​レ​ー​」​な​ど​、​聴​き​ご​た​え​の​あ​る​内​容​と​な​っ​て​い​ま​し​た​。​
​ ​特​に​「​2​0​の​旋​律​で​紡​ぐ​オ​ル​ガ​ン​・​メ​ド​レ​ー​」​は​、​奏​者​が​入​れ​代​わ​り​立​ち​代​わ​り​オ​ル​ガ​ン​を​連​弾​し​た​り​、​パ​ー​カ​ッ​シ​ョ​ン​や​ピ​ア​ニ​カ​(​!​)​ま​で​使​っ​た​り​し​て​、​普​段​で​は​聴​く​こ​と​の​で​き​な​い​内​容​に​な​っ​て​い​た​上​、​所​々​出​て​く​る​迫​力​あ​る​オ​ル​ガ​ン​の​響​き​(​ヴ​ィ​ド​ー​ル​・​オ​ル​ガ​ン​交​響​曲​第​6​番​な​ど​)​に​は​圧​倒​さ​れ​ま​し​た​。​
​ ​(​先​に​書​き​ま​し​た​)​オ​ル​ガ​ン​の​連​弾​や​、​ポ​ジ​テ​ィ​フ​オ​ル​ガ​ン​(​移​動​可​能​な​オ​ル​ガ​ン​)​と​の​共​演​は​、​演​奏​会​で​は​あ​ま​り​目​に​し​な​い​の​で​、​そ​う​い​う​意​味​で​も​貴​重​で​し​た​。​
​ ​惜​し​む​ら​く​は​、​こ​れ​だ​け​内​容​の​あ​っ​た​演​奏​会​に​も​か​か​わ​ら​ず​、​お​客​さ​ん​の​数​が​多​い​と​は​言​え​な​か​っ​た​こ​と​で​す​。​会​場​に​は​空​席​が​目​立​ち​、​5​0​0​人​も​い​な​か​っ​た​の​で​は​と​み​ら​れ​ま​す​。​横​浜​方​面​と​も​直​通​電​車​が​走​る​よ​う​に​な​っ​た​と​は​い​え​、​都​心​か​ら​は​や​や​遠​い​の​も​影​響​し​た​か​も​し​れ​ま​せ​ん​。​オ​ル​ガ​ン​の​演​奏​会​全​体​に​言​え​る​こ​と​で​す​が​、​集​客​力​の​確​保​が​今​後​の​課​題​と​み​ら​れ​ま​す​。

(この文面は、「ぴあ」投稿と同じ文面です)

Img_2241

Img_2253


Img_2256

 ミューズは、スクエアな外観が特徴です。夕暮れ時に見えるその姿は、中々美しいです。


|

« 2013.6.29 恵泉女学園大学のパイプオルガン | トップページ | 2013.7.13 大井川鐵道本線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28745/52352987

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.7.6 所​沢​ミ​ュ​ー​ズ​ ​ス​ペ​シ​ャ​ル​・​オ​ル​ガ​ン​コ​ン​サ​ー​ト:

« 2013.6.29 恵泉女学園大学のパイプオルガン | トップページ | 2013.7.13 大井川鐵道本線 »