2014年9月15日 (月)

2014.9.6 ももねこ様祭2014 広島県竹原市

 ということで、1か月半ぶりに竹原市へ行ってきました。

 この祭りがあるとは思っていなかったのですが、アニメ「たまゆら」も完結編が出ることが決まり、この流れになったとみられます。

 祭りの詳細はこちら

  当日(9月6日)の写真などを紹介します。

P1020843P1020846

あいふる316内愛FULLターミナルにいました、ももねこ様。なかなか巨大で、もふもふした感じです。隣の「ももねこ様おみくじ」は100円で1回引くことができます。私が1回引いたところ、「中吉」でした。

P1020926

これは、竹原市内にいました「ねこ様」。2回ねこを見ましたが、いずれも車の下にいました。日中は暑かったからでしょうか。


P1020990

イベント会場(商店街)から少し離れた、町並み保存地区の一角にて。自然な感じが良いです。

P1020849P1020940

ももねこ様は、いつもは「あいふる316内愛FULLターミナル」前に鎮座しておりますが、実はこれは可動式で、イベントの際には上の像だけ外れるようになっていました。

P1030019_2

 こんな感じで、舞台上にももねこ様が鎮座しています。この後、「ももねこ様祈願祭」が行われる予定だったのですが、急に雨が降り出してしまったため、中止となりました。


P1030033


 このゆるい感じが何とも言えません。

 ちなみに、今回の祭りに参加した人は400~500名程度でした。


P1030045

 この商店街も、ももねこ様仕様です。


P1030054_2

 「おかえりなさい」 感じの良い演出です。


P1030058_2

 この祭りに全国各地から来ていることがわかります。青は前回の祭りに来た方だそうです。参加者は地元の広島・岡山、この他大阪圏・首都圏に固まっているようです。


P1030060_2P1030061


P1030070

 パレードに使われた山車。なかなか賑々しい装いです。

 アニメ「たまゆら」も、映画化が決まったので、来年1年間は話題が持ちそうですが、それが終わった後のことが気になります。前回(昨年)のイベントほどには人が集まらなかったようですので、これからが「本番」なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

2013.11.9 A-POP☆cafe 2013 ~多田葵ワンマンライブ~

 1年前にも行ったこのライブ。今年も行こうと決めていました。1年前の記事はこちら

 今回は場所は変わって、東京・青山の「月見ル君想フ」。ステージに映し出される「月」が印象的です。ライブハウスと言っても、前回の四谷天窓とは雰囲気が異なり、結婚式の2次会などに使っても良い感じです。
 初めての場所で、表通りから少し入った場所であったため、ちょっと迷いましたが、無事に着くことができました。東京メトロ外苑前駅から徒歩6分程度です。

Dsc04593Dsc04594

 整理番号順の入場ということでしたが、あまり関係なかったようです。私の持っていたチケットの整理番号は50番台でしたが、結構前の方で聴く(見る)ことができました。その時点(18:40、開場10分後)で50名は入場していなかった様子でした。

Dsc04591

 山寺宏一さんからの大きな花束がありました。山寺さんはこのライブに行ってみたかったそうですが、都合がつかずにこの大きな花束を提供されたそうです。そういえば、新アルバム「ホップミュージック」の帯にもコメントを寄せていました。

 さてライブの方ですが、今回も素直に楽しめました。 

 今回は2時間余りぶっ通しで、シンガーソングライターとしての面が強く出た感じでした。新アルバム「ホップミュージック」の曲が中心となっていましたが、カバー曲(Moon Riverなど)も味があって良いものでした。楽しげな雰囲気の中に、軽いギャグを挟み込みつつ、ちょっとボケと突っ込みを入れる感じは相変わらずで、安心して見ていることができました。

 個人的には、前回同様ですが、「Brave Song」(アニメ Angel Beats!エンディング)が一番気に入りました。
 「この手のライブで使うことはないだろうな...」と思いつつ、1カ月前の「RO-KYU-BU!」ライブ同様、多色ペンライトを用意していたのですが、本当に使うことになるとは思いませんでした。この曲の前にサイリュームが配られたので、「おや?」と思ってしまいました。曲と同時に暗闇の中に光る、薄紫色の動きが美しかったです。ちなみに、薄紫色は多田さんが好きな色だそうです。

 終演後すぐに席を立つと、会場の入口の販促コーナー(CDやTシャツを販売)には、多田さんが立っていました。内輪でお祝いしているような雰囲気があったので「あれ、早く飛び出しすぎたかな?」と焦りました。
 その場で、多田さん本人から直接Tシャツ(色は薄紫色)を購入しました。ついでに「飼い猫のあんこちゃんはどうですか?」などと聞いてしまいました。ねこ好きとしては外せないことですが、元気そうで何よりです(新アルバム「ポップミュージック」のジャケットにも、「あんこ」は登場しています)。

 今回は、多田さんと直接お会いして話もしましたが、ファンを大切にしている様子が窺えたのは好印象でした。ライブの参加者は100名程度、ということで、一人一人に目配りがしやすかったというのはあるかもしれませんが、今後もファンを続けていきます。
 

セットリストはこちらです

1. シュールな午後
2. ラムネ色の海
3. なんてね
4. 川名坂
5. シンデレラ
6. 恋の終わり
7. 「月見ル君想って葵が歌ってみる」メドレー
  Moon River(Audley Hepburn)
  月ひとしずく(小泉今日子)
  月の裏で会いましょう(ORIGINAL LOVE)
  シャーリー
  月のワルツ(諫山実生)
8. Wo qui non coin(アニメ「COWBOY BEEPOP」挿入歌)
9. 丸い瞳
10.Happy Halloween!!
11.放課後
12.リアルドラマ
13.星のメリーゴーランド(PCゲーム「君と彼女と彼女の恋」ED曲)
14.プリズム

アンコール
15.Glitter~励まし系Ver.~(アニメ「リコーダーとランドセル ド♪」ED主題歌)
16.Brave Song(アニメ「Angel Beats!」ED曲)
17.アナログ
18.Simple

 私の後ろ姿が、ここに載っていたりします...どうでも良いことですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

2013.9.29 RO-KYU-BU! LIVE 2013 -FINAL GAME- 

 この「さいたまスーパーアリーナ」で開催されたライブが終わって半月、「何をいまさら」という感じですが、気になって書くこととしました。というか、未だに耳鳴りが少し残っているから...だったりもするのですが(音響という点では、正直言って問題ありでしょう。ハウリングはそれ程なかったですが、無理に音を必要以上に大きくしすぎ、うるさいだけでなく音質まで悪くしてしまった感は否めません)。

 改めて、この「RO-KYU-BU!」のユニットは素晴らしかったな、と思います。花澤香奈、井口裕香、日笠陽子、日高里菜、小倉唯、この5人でなくてはならなかった、それ以外はあり得ない....ステージ上でのパフォーマンスといい、見事なまでに息の合った動きといい、互いを信頼しきった表情を見ると、「見ていて良かった」と思えます。もっとも私が見たのはいわゆる400Lvで、かなり上の方であったため、間近で見ることはできなかったのですが、表情などは窺うことができました。 

 登場や退場、衣装なども凝っていました。
 メインステージから、アリーナ内に十字型の花道があり、多くの人が間近で見られるような配慮がしてありました。また、花道の途中に登場口(退場口)が幾つもあり、特に登場の際は、「一体どこから現れるのか」と思いながら興奮していました。
 

 実は、アニメ本編「ロウきゅーぶ!(SSも含む)」の方はあまり熱心には見なかったのですが(もう一つ入り込めなかったのです)、それでも「RO-KYU-BU!」として十分楽しめました。

 それと、あまり注目していなかった5年生チーム(久野美咲、津田美波、洲崎綾、瀬戸麻沙美、種田梨沙)ですが、中々のものでした。動きも良かったです。

 他、気になったこととしては

・始まる前の注意事項が多かったこと(荒らし対策でしょうか。警備員も多かったよううに思えます。そのためか、会場内で荒れた様子はほとんど見受けられませんでした)。

・今回は、電池式のペンライトで色の変えられるタイプを使用しました。「RO-KYU-BU!」5名のイメージカラー(赤・黄・青・橙・ピンク)と5年生チーム(緑)の計6色を使うことになり、そのたびにサイリウムを変えるのも面倒と思ったからです。どうやら正解だったようです。というか、大半の人が電池式のペンライトを持っていて、5年生チームの際は一面緑色、他のソロ曲ではそれぞれのカラーでほとんど統一され、見事なまでに統率がとれていたのには少し驚きました。

・パンフレットなどは、ちょっと高いのでは?あの内容で3,000円はどうかな、と思います。Keyなどのライブと比べても、グッズ類が割高な感じがしました。

 あとは、早いところ耳鳴りを治さないと...実生活に影響が出るレベルではないのですが。

 以下はセットリストです。半分以上は知っていたかな...

01 Get goal!
02 キドキド
03 ギャオす!!!!!
04 Sync
05 デンジャラス♡ポリシー
06 RISE
07 下級生Groove!
08 どきどきすること
09 チョーゼツよくできました◎
10 純情ジェネレーション
11 マホトピア
12 冷静ストラテジー
13 ジンジャーYell
14 ぼーる・みーつ・がーる
15 21世紀“美”少女
16 ベスフレ
17 Party Love~おっきくなりたい~

アンコール1 Rolling! Rolling!
アンコール2 SHOOT!

アンコール3 Party Love~おっきくなりたい~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

2013.8.3  Brand-new Style!! volume four "プリズム☆セレブレイション" 渋谷WWW

 ということで、StylipS のライブ(渋谷WWW)に行ってきました。
 ゲーマーズでStylipSの新作CDを買えば、参加券をもらえるといったもので、「これは結構コストパフォーマンスが高そうだ」と判断し、買って行ってみることとしました(ちなみに7月14日(日)に池袋サンシャイン噴水広場でStylipSのフリー観覧イベントがありましたが、こちらは行けませんでした)。

 StylipSは今年4月にメンバー変更があり、現メンバー(能登有沙、伊藤美来、豊田萌絵、松永真穂)となって2回目のイベントということになります。どんな具合でステージが進んでいくのか気になっていましたが、「とにかく多くの曲を歌って、勢いで押し切った」という感じです。途中のトークイベントはあまりなく、どちらかといえば「曲を聴いて見てもらおう」という点に集中していた感じです。

 今回のライブは2回に分かれており、私が行ったのは1回目でしたが、13:30(実質13:35くらい)開始、15:00前終了で、実質1時間半程でした。決して長いとはいえませんが、その間に出来ることをしよう、それにはとにかく「曲を聴いて見てもらおう」、ということに集中したのだとみられます。
 そして、それは正解だったのではないかと思います。まだ現メンバーになってそれ程経っていないことを考えると、まずは「知ってもらうこと」が必要だと思うからです。

 会場のキャパが多いとは言えませんでしたが(詰めて400人程度?)、客の側のノリも良く、不快な思いはせず良い感じで聞いて見ることができました。

 今後も、このStylipSに注目していきます。Bay-FMのラジオも引き続き聞いていきます。

セットリストはこちら

1 THE LIGHTNING CELEBRATION
2 STUDY x STUDY
3 Choose me♡ダーリン
4 初恋EVOLUTION
5 TSU・BA・SA
6 ツナグキズナ・ツツムコドク
7 Resonant World
8 Blue Moon Dream
9 わがままバディー
10 Prism Sympathy
11 Brand new Style〜魔法みたいなShow time〜(Step Two)
アンコール Prism Sympathy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

2013.7.26 HOLiDAY HOLyDAY

 先日発売された、声優・ヒーリングCDです。

 詳しくはこちらから

 アニメ声が嫌いでなければ、お薦めします。
試しに、ニコ動で見て聴いてみるのも手です。
 夏の暑さで、疲れているのかもしれませんが、
結構心地よく聴いていたりします。
 

 結構微妙な転調をしていたり、意外に凝っています。
ハミング篇や朗読も面白いのですが、バックの音楽が
やや大きいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

2012.12.15 豊郷小学校旧校舎群

 

Img_1091Img_1092

 豊郷駅には、こんな案内がありました。

Img_1095_2

 駅舎自体は、コミュニティハウスを併設したものですが、休日は無人です。雪が見えます。

Img_1094_2

 こんなのぼり旗が、あちこちで見られます。「聖地」ということなのでしょう。

Img_1110

 豊郷駅から歩いて10分ほど、豊郷小学校前へとやって来ました。いよいよです。

Img_1116

 おや、これは....?

Img_1118Img_1119

 ついに、豊郷小学校旧校舎正面へとやって来ました。まずは、向かって左側の酬徳記念館へと向かうことにしました。

Img_1136Img_1141

 酬徳記念館の一角には「けいおん!」関係グッズなどがたくさんありました。

Img_1143Img_1152

 
 酬徳記念館内部全体。流石に落ち着いた雰囲気があります。毎週日曜日は「けいおん カフェ」となります。

Img_1154Img_1155Img_1156

 旧校舎の階段。イソップ物語の「ウサギとカメ」をモチーフにしている様子がよくわかります。

Img_1157

 それにしても、趣のある校舎です。当時としては結構建設費もかかったのではないか、と思わせます。つくづく取り壊さなくてよかった、と思います。

Img_1161

 旧校舎3階音楽室。「けいおん!」の放課後ティータイムが再現されています。黒板やホワイトボードには、ファンからの多くの書き込みがありました。

Img_1174

 これは、初音ミク....ちなみに、この「とびだし注意」は、「けいおん!」バージョン含め数種類あるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

2012.10.14 CureMaidCafe リトルバスターズ!カフェ

Cure Maid Cafeには、約4か月ぶりの登場です。前回の記事(這いよれ!ニャル子さんカフェ)はこちらを参照http://cipher-251.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012623-curemai.html

 今回は、リトルバスターズ!カフェです。http://www.curemaid.jp/?page_id=5109 ゲームブランドKeyが発表した5年前の有名作品をアニメ化したことに因むものです。

 私が行ったのは、10月14日(日)の開店直後(11:10)でしたが、入場制限がかかっている状態で、1時間半近く待たされることとなりました。店自体のキャパシティ(広さ)の問題もあるのですが、スタッフの少なさや料理の供給体制にも問題がありそうです。 

 12:30頃に、ようやく店内に入れました。元より食事を頼む予定がなかったので、ドリンク系で統一しました。ドリンク系のみであれば、金曜・土曜の21:30頃が空いていて狙い目かもしれません。

Pa146815 Pa146816_3

 いずれも、左のマグカップが苺大福ジュース、右がマッスルエクササイザーです。苺大福ジュースは、+800円で先行販売のマグカップが付きます。ドリンクはいずれも450円なので、450円×2+800円、合計1,700円ということになります。 

 味は、どちらも甘系といった感じです。苺大福のジュースというのは初めて見ました。ちょっと和風味の暖かいフロートのようでした。マッスルエクササイザーですが、これで筋肉がつくかどうかは?です。後は真人のように鍛錬あるのみでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

2012.8.15 小倉唯BIRTHDAY SPECIALミニライブ~SEVENTEEN!~

  以前取り上げたCD http://cipher-251.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/raise-6b71.htmlの中に、このライブの抽選(CDを買わないと抽選に参加できない)があったので応募してみたところ、当たったので行ってみることとしました。それにしても、「抽選は携帯からのみ受け付け、PCなどからは×」というのも、時代を感じさせます。おそらく、会場に入る際の本人確認を容易にするため(PCなどでは偽のメール等を作られる恐れがある)、と考えられます。

 私が行ったのは、昼の部の方でした(昼の部は14:00~、夜の部は18:00~、ライブ自体は1時間20分程度)。会場の横浜ベイホール。http://www.bayhall.jp/index.html 山下公園や中華街から徒歩20分程度のところですが、周囲は倉庫街で、山下公園などとは雰囲気が大分違います。元町・中華街駅から歩いていくと、雰囲気の違い様がよくわかります。会場自体は、ロック系のイベントが合いそうな感じで、内装もアメリカナイズしていた感じでした。場所が少しわかりにくかったこともあって迷いましたが、何とか時間に間に合うことができました。 

 最初にソロデビューシングル「Raise」、続けて「きみがここに来る二、三の理由」(TVアニメ「神様のメモ帳」から)、「黒髪流儀。技あり!」(TVアニメ「C3 -シーキューブ-」から)。3曲続いた後はゲームコーナー。バースデープレゼントをかけて、箱の中に入っているものをあてるクイズに挑戦しました。箱は3つありましたが、全問(3問)正解したのは大したものです。ちなみに正解はスリッパ(小倉唯本人使用)、トウモロコシ、アイスクリーム「ハーゲンダッツ」でした。

 陶芸に挑戦する映像を交えたのち(出来た皿は、ライブ会場の入り口に飾られていました)、ライブ後半では、「PON de Fighting!」(シングル「Raise」カップリング曲)、「キュッ!キュッ!CURIOSITY!!」(ゆいかおりアルバム「Puppy」から)、「ともだちピンク」(TVアニメ「ロウきゅーぶ!」から)」と続き、中学校恩師の先生からのビデオメッセージが入った後(ここで感極まったのか、涙を見せていましたが)、再び「Raise」で締め、ライブは終了しました。歌のノリもよく、トークなどもしっかりしており、好印象でした。 

 観客の年齢層が若いなあ....10~20代がほとんどと見受けました。小倉唯本人がまだ17歳ですので当たり前ですが。女子もちらほら見かけました(ちょっと意外な感じです)。サイリウムを振りながらも、何となく保護者のような気分で見ていました。

 まだ若いだけに、今後どのような展開をしていくのか、気になります。下手に売り込みすぎて方向性を間違えないことを願っています。 

 そういえば、「Raise」はライブの方が数段良かったですね。CDでは声量が不足していた感が強かったのですが、ライブでは改善していたうえに、「歌いこんだ」ことがわかる感じになっていて、歌に生気が感じられました。何だかもったいないです。個人的には、この小倉唯と、日高里菜に注目しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

2012.7.29 ビジュアルアーツ大感謝祭

 昨日は、横浜アリーナへと行ってきました。http://va20th.jp/

 既に様々なところで語られているとおりですが、16:00~21:40までのライブは良かったです。途中休憩(18:30~50)を除いても5時間を超えるものでしたが、聴きごたえのあるものになっていました。生歌は良いな、と改めて感じた次第です。LiaやRitaも良かったのですが、個人的には、多田葵さんが気に入りました。前半のI’veの曲は知らない曲も多かったのですが、ノリが良かったので楽しむことができました。このあたりはライブの良さです。 

 これもあちこちで語られていますが、物販には問題があった、と言わざるを得ません。昼間の暑い最中に4時間以上待たされたとか(私は14:00頃に並んで1時間半程度で済みましたが、パンフレットを買うのにここまで難儀したのは初めてです)、終演後販売のTシャツが枚数不足で買えない人が続出したとか....準備不足で無理に1日にまとめた感は否めません。 

 ライブの詳細などが書けたら、後程書きます。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

小倉唯「Raise」

 「ゆいかおり」「StylipS」で活躍中の、小倉唯の初シングルですが、ちょっと気になっています。http://www.youtube.com/watch?v=w3APoDmr1u0

 この曲はアニメ「カンピオーネ!」http://www.campi-anime.com/のEDです(アニメ自体は視聴できないので良くわかりませんが)。 

 曲調が声質に合っていたかどうかは....疑問が残りますが、曲自体は良いと思います。ビデオでは、東京国立博物館http://www.tnm.jp/の本館が使われていました。荘重な雰囲気を出すには持って来いでしょう。年に1度は行くところだけに、何気に親近感を覚えます。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)