2013年8月11日 (日)

2013.8.11 犬と猫と人間と2

 前作の「犬と猫と人間と」を見てしまった身(当時のブログの内容はこちら)としては、次作も見ないわけにはいかない、と思っていたのですが、6月~7月の渋谷での上映分を見逃してしまいました。ということで、今回の東京再上映(吉祥寺バウスシアターにて、8月9日~15日)を狙って、見ることとしたのです。

 見ての感想ですが、前作を知っていたこともあり、「おおよそ良い意味でイメージどおり」といった感じでした。東日本大震災で被災した犬や猫、そして牛たちの悲惨な状況が、ひしひしと伝わってきました。前作同様、「上から目線」になっていないのも、好感が持てます。
 津波で犠牲になった犬は、把握されているだけで3,490匹。もちろん実際はもっと多い数です。猫も加えれば、更に増えます。
 
 
 
 福島第一原発事故による警戒区域に取り残された犬猫だけでも、2万匹....家畜動物はもっと多くの数となります。うち犬猫で保護されたのは7千匹弱、家畜動物に至っては大半が餓死か殺処分されています。
 映像では、衰弱していたり、無残に死んだ犬猫や牛たちの様子が映し出されていました。一方で、警戒区域への立ち入り制限や人手不足など、制約を受けながらも保護に向けた動きも紹介されていました。

 どうしたら良いか、一言では言えませんが、人間の苦い側面を見る思いでした。何をしなくてはならないのか、今後も考えていくことになりそうです。重い十字架となって、圧し掛かって来そうです。

 残念ながら、一般受けはしない内容ではあるのですが、ぜひ見てほしい映画です。

 「犬と猫と人間と2」公式サイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

ねこの日

 今日、2月22日は「ねこの日」ということになっているそうで、ねこ好きとしては「この日に更新しなくてはいけないのか」という焦燥感に駆られます。まあ、うちはいつでも「ねこの日」なのですが。

 「ねこの日」が社団法人ペットフード協会により制定されたのは1987年(昭和62年)ということで、制定から26年が経過したことになります。今後、この手の記念日がどうなるのか、気になります(なお、犬の日(11月1日)も同じく、ペットフード協会により1987年に制定されています)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

ねこより先には死ねない

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-161911/1.htm

この記事には、ちょっと喜んでしまいました。うちにも13歳のねこがいますが、先には死ねないのは一緒です。

一方で、呉のねこ殺害も気になりますhttp://news.ameba.jp/20130122-69/。ねこ好きとしては許せない話ですが。かつての福岡猫虐待事件を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

2013.1.2 岩合光昭写真展「ねこ」

 既に2010年8月に秋田県立近代美術館(横手市)で見ていたものでしたが、展示の内容が変わっている可能性もあると思い、地元の千葉(千葉三越)に来たのを機会に改めて行ってみることとしましたhttp://www.mitsukoshi.co.jp/store/8310/pdf_121226.html

 会場は、そこそこ人が入っていました(改めて気づいたのですが、1月2日の千葉の中心街の人出は、通常の土日よりも多いです)が、余裕でゆっくり鑑賞することができました。

 横手市のと正確な比較はできませんが、一部写真が変わっていた様でした。無論、中には「これ、前に見た」というのもありましたが。

 しかしながら、岩合さんの撮るねこはいい表情しているなあ....ねこが、確かな生命感を持っているのがわかります。ねこ好きの私としては、見ていて嬉しくなってしまいました。

 岩合光昭さんのこの言葉は、間違いなくこの世の真理であります。
「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

主演ネコ!助演ネコ!カメラマンもネコ!

http://www.cinematoday.jp/page/N0029089

この記事には笑えました。

実際の映像はこちらから

http://www.youtube.com/watch?v=k0PduP7PXx0

4分程ですが、いかにもネコご飯会社が作りそうな映像でもあります。

ねこといえば、この本も注目です。思わず買ってしまいました。

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C7%AD

精神科の斎藤環さんが「僕自身はとにかく1時間に1回はいやがる飼い猫のお腹に顔を埋めて猫の臭いを補充しないと文章を書き続ける気力が湧いてこない」と書いているのには、にやっとしてしまいました。「斎藤先生、ここに同じことをしている奴がいます。もっともそいつは1日に1回ですが」。きっと「ねこ分」というものは実在するに違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

2010.7.4 猫(にゃん)だ!PARK 猫に会いに行こう 

 にゃーにゃー、にゃーにゃー。

 これは、天国か?.....周りは、ネコだらけだ.....

 

 今日行ってきたのは、千葉県南房総市にある、猫(にゃん)だ!PARK http://www.nyanda.com/ です。近くには道の駅とみうら(枇杷倶楽部)やJR富浦駅などもあり、賑わいを見せているところでもあります。

Dscn0394

 既に開業から10年が経過しており、昔からその存在は知っていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。今回、「この際行ってみようか」という軽いノリで行ってみることになったわけです。

 自宅からは車で1時間少し、高速道路が順調であれば結構早く着けます。

 早速入場料(大人1000円)を払って、手を消毒液で消毒し、靴の裏もマット上で消毒した後、ねこ達のいる場所へと案内されます。

 そこで見たものは.....

Dscn0324 Dscn0343 Dscn0333

 小さな体育館程度のところに、数10匹のねこが歩き回って(あるいは寝て)いました。

 丁度お昼時のご飯を与える時間だったせいか、ねこ達が集まってくる様子も見られました。ねこは、雑種系が多かったようです。アメショーやアビシニアン、ペルシャなどの所謂ブランド猫もいますが、普通に見られるねこが多いのは中々良いと思います。

Dscn0326 Dscn0330 Dscn0344

 写真左と右のねこは、同じねこです。左は12時20分頃、右はその30分後に撮影したものです。30分も経つと、丁度向きが逆になるようです。おとなしく寝ているようでも、結構動いているということでしょう。

 写真真ん中の格好....あんな格好で平気でいられるところは、ねこの猫たる所以(ゆえん)でしょう。

 とにかく、ネコ好きにはたまらない空間です。

 なお、ねこグッズも販売していますので、物色してみるのも一興かと思います。

 タイトルの「猫に会いに行こう」ですが、この冊子のことhttp://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/22/56/040010225641.html (一応18禁扱い?エロ関係はなし)です。というか、この冊子に触発されて行くことになった、といっても良いでしょう。

 ちなみにその冊子にあった、田代島(ねこの楽園)は昨年9月に行ってきています。詳細はこちらをどうぞhttp://cipher-251.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/2009920-2-c4c7.html。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

御子神さんは神! 映画版ねこタクシー

 今日から公開の映画版「ねこタクシー」http://www.nekotaku.info/movie/。主演の舞台あいさつもあるということで、横浜の港北ニュータウンへと行ってきました。

 テレビ版の雰囲気をそのまま持ち込んだ感じですが、当然のことながらテレビ版とはストーリーが違っています。室井滋さん演じるねこばあさんは出てくるし(ねこがたくさん出てきたときには思わず驚喜しました)、御子神さんの相棒のねこは出てくるし(これもまた当然かわいい)、等々あまり書くとネタバレになるので避けます。

 とにかく、御子神さんの魅力にしてやられました。あのごく自然でマイペースな様子、よく寝ること、時折カワイイ声で「にゃー」と鳴くこと....ネコ好きにはたまりません。というか、出演者全員、御子神さんの魅力に取り憑かれていたように見えたのですが。もちろん良い意味で。リアリティーもありながら、ほんわかとした親しみのある雰囲気が、映画の中に漂っていました。

 主演の舞台あいさつでも、御子神さんを演じた三毛猫のみーすけが、何となくその場を仕切っていたように見えました。非常にほんわかとした雰囲気でした。それにしても(主演のカンニング竹山さんに抱かれていても)、本当におとなしいですね。舞台あいさつの15分余り、暴れたりする様子は全く見受けられませんでした。もっとも、途中で手(前脚)をにゅーと伸ばしたりはしていましたが。

 御子神さん、みーすけ....アンタ本当に神だよ。足向けて寝られないです。

 御子神さんの特製「開運肉球待受」も手に入れました。これで幸運に恵まれること間違いなし!(本当か?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 6日 (土)

尾曲がり猫

 先日のNHKニュースにも紹介されていましたが、長崎にはしっぽの先が曲がったねこが多いそうです。

 というわけで、日本「長崎ねこ」学会というのがあるそうです。一日中ねこを追いかけて、しっぽの曲がったねこは何匹いるか、を調べたりしているそうです。何だかうらやましい話です。長崎に住んでいたら、喜んで参加したことでしょう。http://www.nagasakineko.com/

 尾曲がりは劣性遺伝とのことだそうですが、その割には結構います。東南アジア系のねこに多いそうですが、実態はどうでしょうか。 

 そういえば、かつて我が家にいたねこも、尾曲がりが何匹かいました(今いるねこは尾曲がりではありません)。まあ、どうでも良いといえば、どうでも良い話ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

CREA CAT

そういえば、しばらく前に買いながら、紹介するのを忘れていました。

まだ書店にはあるでしょう。

http://crea.bunshun.jp/feature/ex0903/index.html

文藝春秋には、余程のネコ好きがいるようです。

私もまさしく「ネコ萌え」状態、猫カフェ通い、現実逃避モードです(ネコミミモードではありません)。にゃんにゃんにゃん、ねこ・猫・ネコ...もはや廃人状態、こりゃ駄目かな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

食用猫

 まあ、かの国のことですから、驚きはしませんでしたが...

 http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20080901025/1.htm

 流石に動物愛護団体が怒るでしょう。私としても「食用とはけしからん」と言いたいところです。もっとも日本でも、戦後の食糧難の時代には「牛丼」「豚丼」ならぬ「ネコ丼」というのがあったそうですが。

 食用はないけど、現在でも野良猫は保健所で年間1万匹以上が安楽死させられています。まだ犬と違って登録制度がないのも痛いところです。沖縄などではヤンバルクイナなど、貴重な野生の動物を食害したりして、厄介者扱いされています。ネコ好きとしては悲しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)