2015年7月26日 (日)

2015.7.18 U-go MIRAIアートコンテスト

  かつて、秋田県雄勝郡羽後町で行われていた「かがり美少女イラストコンテスト」。

 第5回目が4年前に開催され(その様子は、このブログ内にもありますhttp://cipher-251.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/2011795-f092.html )てからひとまず休止していましたが、そのあとを受ける感じのイベントが、羽後町で開催されました。

 その名も、 U-go MIRAIアートコンテストhttp://ugomirai.webcrow.jp/ です。 
 これまではイラスト限定でしたが、これは立体物(フィギュアなど)も対象にしたことが大きな違いです。
 会場は、「かがり...」と同じく、西馬音内盆踊り会館前です。

 先週の土曜(7月18日)に開催されたものですが、ボランティアがてら行ってみることとしました。どうでも良い話ですが、羽後町に行くのは昨年8月の盆踊り以来、通算14回目となります。

P1010624P10106731

 私が会場に着いたのは、午後3時。既にセッティングなどは終わっていました。今回は出展点数が17点ということで、かつての100を超える作品数からすると少ないものです。まだPR不足ということでしょうか。もっとも、作品数が多くなると、盆踊り会館前での展示ができるかどうか(特に雨天時が問題)という悩みもありますが。実際、この7月18日は台風11号の影響による雨に祟られ、条件としては良くなかったです。

P1010793P1010721

 午後4時を過ぎると、祭りに来た人たちがアートを見にやってきました。雨が降っていたので、傘の扱いや作品に雨がかからないように気を付けました。

P1010946_2P1010886

 スケッチブックを用意していたので、絵を描く方もいました。これは、羽後町出身の辻永ひつじさんによるものです。現在、小学館『ちゃお』で『プリパラ』連載中です。

 外国人の方も来ていました。投票用紙を渡して、「こう書いてください」ということを英語で説明しましたところ、結構熱いコメントをいただきました。

P1010871P1010872_2

 夜8時ごろまで投票を受け付けた後、開票作業。投票用紙は60枚程度であったため、それほど手間はかかりませんでした。結果等は、公式サイトをご覧ください。http://ugomirai.webcrow.jp/ 

 今後、このイベントが盛り上がりを見せるのか、気になるところです。
 2007年に始まった「かがり美少女イラストコンテスト」は、有名な原画家などの来町もあり、話題になりました。今回のイベントには、そういった派手さはありませんが、どのようにPRを行い、地元に根付いたイベントにできるかが課題、と言えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

2015.6.22 たま駅長逝去

 たま駅長が逝去されました。http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

 以前このブログでもたま駅長を取り上げたことがありました。あれから4年が過ぎました。

 ニュースでもたくさん取り上げられていますので、いまさら付け加えることもありませんが、「ここまでねこが注目される時代になったんだな」と改めて感じた次第です。

 謹んで、ご冥福をお祈りします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

2014.9.6 ももねこ様祭2014 広島県竹原市

 ということで、1か月半ぶりに竹原市へ行ってきました。

 この祭りがあるとは思っていなかったのですが、アニメ「たまゆら」も完結編が出ることが決まり、この流れになったとみられます。

 祭りの詳細はこちら

  当日(9月6日)の写真などを紹介します。

P1020843P1020846

あいふる316内愛FULLターミナルにいました、ももねこ様。なかなか巨大で、もふもふした感じです。隣の「ももねこ様おみくじ」は100円で1回引くことができます。私が1回引いたところ、「中吉」でした。

P1020926

これは、竹原市内にいました「ねこ様」。2回ねこを見ましたが、いずれも車の下にいました。日中は暑かったからでしょうか。


P1020990

イベント会場(商店街)から少し離れた、町並み保存地区の一角にて。自然な感じが良いです。

P1020849P1020940

ももねこ様は、いつもは「あいふる316内愛FULLターミナル」前に鎮座しておりますが、実はこれは可動式で、イベントの際には上の像だけ外れるようになっていました。

P1030019_2

 こんな感じで、舞台上にももねこ様が鎮座しています。この後、「ももねこ様祈願祭」が行われる予定だったのですが、急に雨が降り出してしまったため、中止となりました。


P1030033


 このゆるい感じが何とも言えません。

 ちなみに、今回の祭りに参加した人は400~500名程度でした。


P1030045

 この商店街も、ももねこ様仕様です。


P1030054_2

 「おかえりなさい」 感じの良い演出です。


P1030058_2

 この祭りに全国各地から来ていることがわかります。青は前回の祭りに来た方だそうです。参加者は地元の広島・岡山、この他大阪圏・首都圏に固まっているようです。


P1030060_2P1030061


P1030070

 パレードに使われた山車。なかなか賑々しい装いです。

 アニメ「たまゆら」も、映画化が決まったので、来年1年間は話題が持ちそうですが、それが終わった後のことが気になります。前回(昨年)のイベントほどには人が集まらなかったようですので、これからが「本番」なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

2014.8.16 櫻山Cafe(秋田県羽後町)

 ということで、今年も行ってきました。

 羽後町に行くのは(初めて5年前に行ってから)通算13回目となりました。最近は、夏の祭り(西馬音内盆踊り、期間は8月16日~18日)と、冬の祭り(ゆきとぴあ七曲、1月最終週の土曜日)の年2回のパターンが多くなっています。

Dsc05881


Dsc05860
Dsc05861


Dsc05857
Dsc05866


Dsc05855


Dsc05869


Dsc05873

 このアンティークな雰囲気は全く変わりません。品の良さは相変わらずです。

 今年から、4月下旬~8月15日の土日、8月16日~18日の営業となったそうです。昨年は確か盆踊りの期間中(8月16日~18日)のみであったため、営業期間が伸びたと言えます(今は、販売好調なラスクの生産が主になっているため、カフェとしての営業はおまけみたいな感じです)。

 いつの間にか、店員さんとも顔なじみになってきました。千葉からでは中々行けませんが、これからも年1度のペースでお付き合いしていくことになるでしょう。出来れば、桜の花の季節(5月上旬頃)に一度行ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木)

2014.7.21 広島県竹原市

 前から行こうと思っていたのですが、ようやく行く機会を得ました。

Dsc05510


Dsc05519

 「安芸の小京都」と言われるだけのことはあり、江戸時代の製塩で栄えた時代を彷彿とさせる町並みは、雰囲気があって良いです。


Dsc05515


Dsc05597

 西方寺の階段、及び普明閣からの町の眺めです。竹原から比較的近くにある尾道にも通じる雰囲気があります。


Dsc05616


Dsc05620

 市重要文化財、松阪邸。庭も中々のものです。

Dsc05468


Photo

Photo_2


アニメ「たまゆら」の舞台ということもあり、市役所前に大きな看板があったりするなど、「聖地」の雰囲気が感じられました。

もっとも、今年10月からはNHK連続テレビ小説「マッサン」があるため(主人公のモデルとなった竹鶴政孝(ニッカウヰスキーの創業者)さんが、竹原市出身)、これからはそちらにシフトしていくかもしれません。道の駅たけはらにも、「マッサン」に因んだ展示がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

2014.1.4 高野山

 今年の正月休みは長かったです。1月5日まで実質休んでいました。

 その1日前の1月4日、ふらりと大阪方面へと行ってきました。

P1000925P1000986

 橋本~極楽橋間で乗った列車(南海2300系)。内装は転換クロスで、楽に極楽橋まで行くことができました。


P1000936

 学文路駅。合格祈願の入場券が売れる駅として知られます(現在は無人駅のため、2つ前の橋本駅で入場券を販売しています)。

P1010026P1010118

 極楽橋~高野山はケーブルカーです。551.6‰(パーミル)は、ケーブルカーでも結構な勾配です。そして、高野山駅へと到着後、バスで高野山金剛峰寺を目指します。


P1010049P1010056

 バスで、奥の院方面へ。雪が積もっていて、奥まで歩くのは大変です。

P1010064

 高野町の正月飾り。普段見慣れているものとは違い、独特なものです。

P1010090P1010094

 金剛峰寺。左は主殿、右は壇上伽藍の一角で、奥に大塔が見えます。

P1010083

 主殿の中にある庭。




P10101151P1010114

 高野山にいたねこです。外にいるので寒そうにしていました。高野山で良いねこに出会えた...今年もきっと良いことがあるに違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

2013.12.22 函館(続き)、そして今年の終わり

 今年もいよいよ終わります。

 来年は公私ともに忙しくなりそうな予感がします。このブログの管理もどこまでできるか...半ば放りっぱなしの感じになっていますが。書くことはあるのですが、実際に書くのが追いついていない状況です。モチベーションが下がっているというのは否定できません。

 とはいえ、このブログはしばらく閉鎖せずに残す予定です。どこまで気力が持つか...ですが。

P1000795P1000739

 12月22日~23日は、寝台特急「北斗星」にいました。左の写真は食堂車。右は函館駅に停車中の「北斗星」を牽引するディーゼル機関車DD51です。雪が、季節を物語ります。

P1000611 

 12月22日の函館のイルミネーションです。元町の近くでは、こんな青のイルミネーションが目を引きました。結構きれいなものだな、と思ったものです。それにしても人が少ない....

P1000455

 これは、木古内駅近くで見たクリスマスツリー。この「夢」にひかれます。これから将来、良い夢を見ることができることを願って、今年のブログを締めくくります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

2013.12.22 函館

 気が付けば、今年もあと残るところ2日となりました。年々年末年始の実感がなくなってきているのも事実ですが。更新もすっかり滞ってしまいました。体調不良と多忙のせいでしょう。

 先週、ふらっと函館まで行ってきました。北海道新幹線が2015年度に開業することもあり、観光の活性化を図って街中でイルミネーションに力を入れているようです。函館山のみならず、元町の教会群(函館ハリストス正教会など)、金森赤レンガ倉庫群もライトアップされており、金森赤レンガ倉庫にあるショップは結構賑わっていました。

 もっとも、流石に首都圏に比べると人が少ないな、とも思いました。これが首都圏だったら混雑はもっと酷くなっていたでしょう。それ程人混みに影響されず結構余裕で見て回ることができたのは幸いでした。

P1000542_2

P1000566_2


P1000580_2


P1000593_2


P1000599_2


P1000634


P1000639_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

2013.11.16 銚子電鉄開業90周年記念 応援クリエイターセッション

 こんなイベントが久方ぶりに銚子電鉄であったので、行ってみることとしました。
 とはいえ、10:00からのイラストトレイン出発式などは見逃してしまいましたので、ほんの触り程度ではあるのですが。

P1000028P1000033

 仲ノ町駅構内にて。デキ3などが休んでいました。

P1000050

 犬吠駅にて。丸の内線色のデハ1002です。

P1000041

 外川駅の中では、Nゲージの展示がありました。


P1000056P1000061P1000052_2


 犬吠駅前のイベント会場。私が行ったとき(14:30~15:00)には、既に閑散としていました。10:00頃はもっと賑わっていたのかもしれません。地方鉄道存続のパネルディスカッションの際も人は少なく、あまり地元では盛り上がっていないのかな、と感じました。自主再建を断念したり、観光バスがあまり来なくなったりと、辛い状況なのでしょうか。

P1000059P1000169

 「ポッポの丘」ブースでクリアファイルを買ったら、その場でイラストの作者がサインを入れて下さいました。ちょっと驚きました。

P1000081P1000085P1000044

 イラストトレインの中です。様々なイラストで彩られています。

P1000102P1000103_2


 イラストトレインのヘッドマークです。こちらは「こどもイラスト最優秀賞」となったイラストをヘッドマークとしたものです。

P1000106P1000018

 同じ列車ですが、反対側はこんな感じです。ヘッドマークは「開運」。旧塗色を再現したものです。

P1000111

 営業運転を終了したデハ801が、外川駅構内にありました。動態保存という位置づけのようですが、結構傷んでいました。今後が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

2013.9.1 岐阜城・岐阜大仏、イーハトーヴ交響曲

 このところ体調が悪く(正確には体調というより頭痛がひどくなることが多い)、それもあって更新が滞っていました...

 もう一週間以上前になりますが、岐阜・名古屋へと行ってきました。

Img_3927

 まずは岐阜城です。斎藤道三、織田信長の居城として知られます。ロープウェーで天守閣の近くまで行くことができ、そこから多少急な道を数分歩くと、天守閣に着きます。


Img_3934Img_3938

 本来であれば、「天守閣からの眺め」と言いたいところですが、これは近くの展望台から撮影したものです。天守閣の方が高いのですが、天守閣近くには山に建っているアンテナが目立つこともあり、多少低い展望台の方が眺めが良い感じがします。



Img_3948

 
 岐阜城(金華山)の麓では、織田信長が居住していた館の発掘作業が行われていました。

Img_3957

 ちょっと遠くから見た岐阜城。山の上にあることもあり、近くからの撮影は難しいです。


Img_3980

Img_3982_2

 岐阜大仏。思ったよりも大きかったです(乾漆造の大仏としては、日本最大です。ちなみに竹材を編んだ上に美濃和紙を貼りつけて漆を塗り、金箔を張っているそうです)。大仏殿が中国風なのは、ちょっと面白いです。偉ぶったところのない、どこか庶民的な大仏様です。

Img_39941





Img_3998

 岐阜バス。織田信長のラッピングが施されています。内装も、織田の五つ木瓜が吊革に施されていたり、天井が昔の建物を意識した格子様のラッピングとなっていたり、凝ったものになっています。


Img_4001

 連接バスが走っていました。千葉・幕張でも見かけますが、ちょっと珍しいです。

Img_4101

 岐阜城、岐阜大仏等に寄った後、向かった先は「愛知芸術劇場」。実は、ここが本来の目的地です。冨田勲:「イーハトーヴ交響曲」の実演があったのです。

 イーハトーヴ交響曲ですが、CDを聴いて以来すっかり気に入ってしまいました(詳しくはこちらの過去ログを参照)。
 ぜひ実演を聴いて(見て)みたいということになり、名古屋と東京で聴いて(見て)みることとしたのです。(見て)と書きましたが、指揮に合わせて動く「初音ミク」の存在が気になったのです。宮沢賢治ファンであり、冨田勲ファンであり、初音ミクファンでもある身としては、注目せずにはいられません。

 実演の感想ですが、「予想どおり」といったところでしょうか。場所があまり良くなかった(ステージ近くの上手寄り)ので、音響面ではどうかな(そんな悪くはないけど...)という感じです。
 視覚的にはステージ近くだったので、初音ミクの動きは良く見えましたし、ステージ上でことぶき光さんが初音ミクを指揮に合わせている様子も見ることができました(結構大変そうです)。もっと初音ミクの動きが派手でも良かったかもしれませんが(テレビなどで見たのと似たような感じ?)、上品な動きをしていたのは好感が持てました。バレエを多分に意識していたとみられます。

 イーハトーヴ交響曲の詳細は、次回の東京公演(9/16・オーチャードホール)が終わった後に書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧